「リドゥリー・シュライア」3章(3)アップ

「リドゥリー・シュライアの不幸と幸運」 3章(3)アップしました。


はーいついに!
つ・い・に!
秘密の御開帳です。
けっこう気に入ってる回なので、楽しんでいただけると嬉しいです。

ただ、書いてる時は(中盤のヤマなので)疲労困憊でグダグダで、張り紙に名前が書いてあるにも関わらず、フィーがリドに「名前は?」なんて尋ねてたりして、しかも読み返しても自分では気づかなくて、下読みしてくれた家の人にすごく可哀想な目で見られてしまいました。
ぎりぎりのスケジュール、よくない!(←自分以外の誰もまったく悪くない)



今週はアンソロの感想書きと、図書館本の積読消化のためノルマはお休みです。
来週くらいから秋の本の原稿をプリントアウトして赤入れを始めようかな、と考えてます。
秋のイベントというとまだまだ先のような気がするのですが、9/14の大阪文フリまであと2か月しかないわけで!
焦りに焦るというような日程でもありませんが、ぎりぎりのスケジュール、よくない。(2回目)というわけでちょっと巻き気味で進めていこうかと思ってます。
どうせお盆はグッダグダのしっちゃかめっちゃかで何も作業できないんだし……(最悪の予想)。

関西ティアと文フリ19で配布予定の折本も中身考えないとだし。
手持ちのネタで行くかとテンプレに吐き出してみたらそれなりのページ数になってしまったんで(40ページ超えました)、ちょっとこれはやめときます。
もう少し手軽かつ気軽な単発ネタで、何かできないかもうちょっと考えますです。
そろそろ空ものが書きたいなーと思いつつ。
(言うだけならタダ)



スポンサーサイト