「リドゥリー・シュライア」3章(2)アップ

「リドゥリー・シュライアの不幸と幸運」 3章(2)アップしました。


あの人たちが再登場します。うさんくさいふたご。
一応あの人たち、ジョージとフレッドだったはずなのに、なんでこんなにうさんくさくなっちゃったんだろう……(遠い目)
あ、ついでに、「魔法使いは飛行機械の夢を見るか?」に登場した藤原シグルドも出ます。これは書いてるうちに特徴が似てしまったという単なる事故です(名前は出してませんが)。
ファントムさんもちらっと登場して、何とも賑やかな場面です。賑やかだけど、女子が男装女子しかいない=画面上はおのこのみ、という華のなさ!(笑)
リドゥリー・シュライアの学芸会(?)でもあり、ここは楽しく書けました。
まあ、常に「私は何を書いてるんだろう」という自問自答がつきまとってましたけども。
楽しんでいただけたら嬉しいです~。



先月末、所用で浜松に行ったんですが、偶然E767を見ることができて超絶テンション上がりました!
ナマで見るのは初めて……だと思います。エアフェスタ行ったことないし。
テレビ画面で見すぎてて(仲間だったり撃ち落としたり色々ですけど)、大きさの感覚がすっかりなかったんですが、でっかかったです!
レドームついてた!(そりゃそうだ)


ヒコーキつながりで、某図鑑の話。
ついったで少し呟いたんですけど、だいぶはしょってたのでもう一度。

2003年初版の、子ども向け某のりもの図鑑を見る機会があって、子ども向けながらメカニカルな解説がかなり詳しくて、ほうほうと読んでました。
でも、「ニミッツ級空母」の図絵に、トム猫とレガホが並んでいるのはまあヨシとして、その隣にラプターが並んでるのはどうかと思うんですよね……うん。
で、「とても速いのりもの」としてブラックバードの名前が挙がってまして……退役1998年だそうで、それもどうよと。
私が読んだのは2008年発行のものだったんですが、トム猫もいないよなーうーんうーん、的な。
図鑑の図絵の差し替えって難しいと思うんですが、そしてこんなの誰も気にしないのかもしれませんが、すごいモニョりましたという話です。
(タイフーンが「ユーロファイター」じゃなくて「タイフーン」って表記になってるだけに! だけに!!)
(ちなみにフランカーはSu27でした)
(ラファール? グリペン? 何それおいしいの? と い う!)

……見てる私はハァハァしてましたけどね!


スポンサーサイト