「サカサマのパテマ」あれこれ

先週の進捗:11枚


……もう何も言わんでください……。
週末ちょっとどたばたしてて一枚も書けやんかったんです……。
今週は「石飼」4話をごりごり進めますぞよ。


さてさて。映画館に見に行くつもりだったのに、公開延期や引っ越しで見に行く機会を逃してしまった「サカサマのパテマ」。
同じく吉浦康裕監督の「イヴの時間」がすごい好きな感じで、パテマの情報も追いかけてたんですがオフ事情恐るべし。
で、いつもの通りツタヤディスカスさまでぽちりました。

所々未消化の部分はあるけど、総じて私はめっちゃ好きです!
SF的ツッコミどころは山のようにあるんだろうけれどもそれはそれ、これはこれ。
少年少女のさかさまハグ! という、ラピュタ以来(?)の快挙にテンションだだ上がりです。
ストーリーもわかりやすくて(でもたぶん奥は深いと思う)、「イヴの時間」はかなり大人向けだったけど、パテマは小学生でも大丈夫そう。
人物絵はイヴに比べてアニメ塗りっぽいけど、肌のグラデーションがごっつーきれいでした。空絵はブルっちゃうくらいきれいです。
エンドロールが大島ミチルさん作曲のボーカル曲(エスペラント語?)とか何という私ホイホイ。

一言で言うならラピュタ+ICO。
私はこれ、どっちも大好きなんで褒め言葉なんですが、もちろんツッコミはいろいろあります。(雨林レビュアさんたちは一体何を求めてるのかとたまに恐怖するわけですが)

一回見ただけなんで、見逃しとかあると思うんですが、
・あの腐海用マスクみたいなのは何のため?
・危険区域って何が危険?
・ラゴスのお土産の砂時計、あれは何やったんやろ……。
(単にパテマがラゴスに執着というか甘えてるというか、そういう象徴?)
・カホちゃん(?)がエイジにホの字なんはわかるけど、それ以外の子ども従順すぎね?
・市民登録抹消されたらどうなんの?
・大人たちどこいった?
・あの荒れ地にあったレーダー群みたいなの何ね?
・イザムラさんが「誰も僕と遊んでくんないよー(超訳)」ってなってたのはなんで? ラゴスとの確執?
・ていうかラゴスどうなってたん。
・空はアカン、的通念のある社会で、あのバベルタワー的建造物はナシじゃないかね?
・ポルタちょうおいしいんですけど!
・監視カメラどうやって逃れたん?
・ジャクさんに何があった。
・あのバルスは「天に向かって唾」だなー。


結論:限定盤ブルーレイぽちった。(完)



だが 後悔は ない!!



スポンサーサイト