ペーパー連載小説「石飼」更新しました

ペーパー連載小説「石飼」 2話(2)アップしました。


昨日アップしようと思っていたのにすっかり忘れていました(汗)
これで「夕暮石」は終了です。思わせぶりな終わり方ですが、続く第三話「凪砂石」(仮)ですぐ「彼」が登場しますので、ご安心ください。ひっぱりません(笑)

三話から少し話が動くだろうなー、という感じです。もともと「石飼」はそれほど長い話ではないので……ないはずなので(笑)さくさく進めたいです。ファンタジーと見せかけて、エセエフが乱入してくるやもしれません。


関西ティアの戦利品はほくほくと堪能いたしました。
買いすぎて同人誌置き場がパンクしてしまってあああー、という感じです。でも後悔はない。
ティアマガも毎度熟読するのですが、参加サークル数が増える=活気のあるイベントになる、ですけど、=売り上げが増える、ではないんですよね。当たり前ですが。
そりゃーもう、心折れます。わかります。

今回は1000サークル以上の参加があり、そのうち約1/3が初参加のサークルさんです。
この約300サークルさんのうち、次回以降も続けて参加される方はどのくらいいらっしゃるんだろう……というのが、ひそかな心配事だったりします。
(余計なお世話というのは承知の上で)
というのは、前回読んで面白かった本にコメントする「READER'S CHOICE」のコーナー、作者さんの今回のスペースが記載されるんですが、「本日のスペースなし」の方がかなり多かったんですよね……。

もちろん、サークル名が変わったとか、日程が合わなかったとか、不参加の理由はいろいろあると思うんですが、せっかくの感想を見ずにいる、というのはすごくもったいないように思うんです。
じゃあどうすんの、と訊かれれば特に妙案があるわけではないのですが、なんだかなぁ……という。
まあ、ネットで作品公開するのはお金かからないし、手軽だし、在庫も抱えなくていいし(涙)、とネットならではのいいとこもあるんですけどね。
やっぱり、イベント会場で読み手の方と直接やりとりする嬉しさは別格なんですよねぇ。

――ぶっちゃけ、アンケートで1位に推したサークルさんが今回不参加で瀑布のごとき涙を流しておるのですよ!!!
(私情かよ)

しぶにはいらっしゃると思うんだけども、私しぶのアカウント持ってないし、感想伝えるためだけにしぶアカ取るのもどうよって気がしてまして。
人生ままならないものです。(大げさ)


スポンサーサイト