でっかいどう

少し前まで寒い寒いと言ってたのはどこへやら、一転して汗ばむほどになってきましたね。
冬物の最終洗濯をしたり(前の記事で何だかんだ言ってますが、毛糸製品を洗濯機に突っ込めるのはすごい画期的だと思います)、コート類をクリーニングに出したりする一方で、ペールと冷蔵庫の掃除をしました。

実家は一応は一軒家だったので、生ごみも外に出しておけたし(陽当たり悪いので特に匂いも虫も発生せず)、最悪冷凍庫に入れておけたのですが、そうもいきません。
まさか「生ごみ 臭い」とかで検索をかける日が来ようとは……(笑)
コンポストは非現実的なので、ペールに脱臭剤を貼り、ちびた冷蔵庫用脱臭炭を入れ、ごみ袋の底に新聞紙を敷いたうえで新聞紙に包んだ生ごみをスーパーのポリ袋に入れて捨てる、という方法を試しています。

生ごみを包む新聞紙は袋状に折ってあるのですが(新聞袋、で検索すると折り方までわかります)これが絶妙な大きさで、大家族のかたならともかく、人数の少ない我が家ではこれ一袋に入りきるくらいには、一日の生ごみを減らさないとなあ、などと思います。
生ごみの量って、ゴハンに何を作るかとかで大きく変わってきますけど……目標として。
昨日はトマトソースを仕込んでロールキャベツを作って、なおかつオムライスという派手派手な台所の使い方をしたので、新聞袋がパンパンになってしまいました。
今日のお昼は昨日の残りで済ませたし、夜は外食なので空っぽです(笑)
久しぶりに作ったトマトソース、なぜかすごくおいしくできたので大満足です。何が良かったのかわからないので再現不可能なのが悔しいのですが。


一方の冷蔵庫。
洗濯機と並んで、扱いに戸惑っております。
何しろ、大きい!
容量がどれくらいなのかは知りませんが、実家で使ってるのより確実にでっかいです!
「冷蔵庫を開けるとスタッキングされたタッパがズラーリ」という図はあまり好きではないのですが、作り置きや食材のストックをどう配置すればすっきり使いやすいのかと、試行錯誤しています。
試行錯誤しすぎて、「何でこんなに入れるものがないのだ!」と頭を抱えたところで我に返りました(笑)

棚板は外して洗ってアルコールしてあるのですが、これから暑くなるので、鍋やボウルが入るように棚の広さだけ調節しておきました。ほら、メロンとかスイカとかも入りますよ!(←買うつもりもないくせに心構えだけはしておく系)

冷凍室が引き出し式になって整理が行き届いてないのと、耐熱ガラスかほうろうの保存容器をいくつか買い足さねば……というのを宿題にして、ひとまず終了。
土曜日には新しく買った食器棚が届くので、テンションが上がっているうちに掃除と片づけを終えてしまいたいです。


……今日は生活感あふれる記事になっちゃいました。
おたくのひとの日常生活ブログとか、探してみようかなあ。
(あまり奇抜なのじゃなくて!)
スポンサーサイト