2017年の総括

無事、冬の本の入稿も終え、イベント関連の金銭・本のやりとりも一段落しましたので、2017年の総括&ふんわりした2018年の抱負なぞ、記録に残しておきます。

【参加イベント/新刊・増刷・再版】
1/22 文学フリマ京都(「インフィニティ第一章」発行 →レポート(42冊頒布)
2/12 静岡文学マルシェ(「ポッケ」発行 →レポート(36冊頒布)
3/19 花鳥風月(委託)(7冊頒布)
4/1 Text-Revolutions(「Escort!」発行、「エフェメラのさかな」増刷 →レポート(80冊頒布)
5/14 関西コミティア(「ヴェイパートレイル」増刷 →レポート(23冊頒布)
7/19 みちのくコミティア(委託)(ドボン!!!)
8/26 尼崎文学だらけ(委託 →レポート(20冊頒布)
9/18 文フリ大阪(「インフィニティ第二章」「ホクスポクス」発行 →レポート(42冊頒布)
10/8 名古屋コミティア(「魔法使いは飛行機械の夢を見るか?」再版 →レポート(20冊頒布)
10/28 Text-Revolutions(委託 →レポート(31冊頒布)
11/5 Collage Event Ade(22冊頒布)
11/3 zine展inBeppu(委託)(12冊頒布)
11/5 北海道コミティア(委託 →3イベントまとめてのレポート(3冊頒布)

※数字オープンにしようぜの流れに乗っかって、頒布数(無配、委託除く)のみ記載しました。日和って背景色での記載ですので、ご興味ある方は反転して下さい。いにしえの技をこんなところで使うことになろうとは_(:3 」∠)_

直参7回、委託6回、計13回のイベント参加で、同人誌の発行は新刊5種、増刷/再版3種。ひえー我がことながらきもい。
イベントを重ねるデメリットは事務処理と宣伝がごっちゃになることに尽きます。
梱包や納品書作成などの事務作業はさほど苦手分野ではないのですが、来年はもう少し考えたいです。
というのも、来年発行予定の本はどれも長編なので(単巻完結のものもありますが)、委託参加では手にとられにくいのでは、と思うんですよね。

さておき、文フリガイド10号に「プリズム」を推薦いただき、関西コミティアのパンフレット(ティアズマガジンかんさい)には「エフェメラのさかな」の感想掲載、「凱歌」「ヴェイパートレイル」をクロスピックアップ小説のコーナーで取り上げていただくなど、貴重な経験をしました。有り難うございます。春秋両方載ったのすごい!(自分でアゲていくスタイル)


年間を通じての頒布冊数も2016年に比べて3割増となり、イベントに頻繁に参加している(イベント参加費2割増、送料や交通費は考慮せず)結果はついてきたかなという感じです。
ツイッターにも流したのですが、テキレボ以外はどのイベントも年1回の参加で、もしかするとそれが頒布数増の一因かもしれません。直参しているのは関西のイベントが多いですが、大阪と京都、文フリとコミティアで違う方が来て下さるのでは、ということですね(もちろん常連さんもいらっしゃると思います。ありがとうございます)。遠征は機会を狙ってくださったこともあるかもしれません。

ただ、今年は「インフィニティ」の他は短編集(お値段的にも手に取りやすい?)ばかり作っていたこともあって、数が出たのかなあという気もします。
個人的には長いものも読んで頂きたいと思っていて、長編はそこそこ長く(3~5年かけて)売るつもりでいますので、よろしければお手に取ってみてください。


この名義での創作活動も5年めとなりました。
常連さんに「新刊待ってたで」と仰っていただけるようなものを発行することはもちろんですが、ご新規さんへのアピールも引き続き続けていきたいです。
……というためには、やはり「好きなものを好きなように書く」のが一番だと思っています。傲慢かもしれませんが、世の中のニーズや流行に応えられる器用さを持ち合わせてないので、やれるようにやった結果が、どこかの誰かのアンテナに引っかかれば嬉しいなと思います。
この「やれるようにやる」というのは「俺様についてこられるやつはいるかァ~~!?オラオラ」ではもちろんなくて、「どうやっても滲んでまうんですわ……」という何やかんやを詰め込んだ作品を書くことですよ、念のため。
(前に「好きなものを好きだと伝わるように表現する」ことについてプロの方のツイートをRTしましたが、RTした時点でこの文章を書いていたので、フムフムと思ったものです)


だって私、べつにこれといって特徴のある作風じゃないですし。
尖ったところがないし、里芋で亀作ったでーとか、胡瓜で龍作りましたねん、とかもできませんから、例えば隠し包丁入れるとか、アクを丁寧めに掬うとか、寒い日におかんの豚汁はいかがですかとか、生姜焼きにポテサラつけときましたよとか、そんな方面で完成度を上げていくしかないんです。包丁研いどきました、とかね。
……というのは自覚してるし、今和食の気分じゃないんだわ、という方にはおすすめできないのも当然で、そのあたりは地道にコツコツとやるしかないです。
対面なら「洋食も中華もエスニックもよろしいですけど、うちはおかんごはんなんですわ、肉じゃがお好きです?糸こん入れる派です?」などと舌先ムニャムニャ……もといお話して「口の中醤油みりん味になってきたわ」みたいなこともできるんですが。

えーと、何の話でしたっけ。


【アンソロジー・合同誌等参加】
・はなふるこよみ(テキレボ公式アンソロジー「嘘」)
・鋼鉄/蜜月/明星(スクエニプチオンリーラリー冊子)
・キャラクターカタログ2掌編(※タイトルがなかった!長編「インフィニティ」主人公のお話)
・三.二秒のブランク(テキレボ公式アンソロジー「祭」)
・女王陛下の製図室(アンソロジー「べんぜんかん」)
・末裔(アンソロジー「心にいつも竜を」)
・月のトリカラの人(「文芸アンソロジー トリカラ」)
・ひかりあそび/銀河ステーション(手のひら小説アンソロジー「colors」)

公募アンソロジーへの参加は控えると去年の総括で書きましたが、抽選制だった「べんぜんかん」に軽い気持ちで手を挙げたら見事当選、そのほか非公募の「心にいつも竜を」「文芸アンソロジー トリカラ」にお招きいただいて、秋発行の本にあちこち顔を出すことになりました。
しつこいようですが、このアンソロジー3作ではすべてトップバッターをつとめております。それぞれ作風は違えど、求められる役割はこなせたかなあと思っていますので、機会がございましたらお手にとっていただけると嬉しいです。(ここドラとトリカラは京都でお預かりしますよー)

来年も公募への挙手は控えめにしようと思っています。長編「インフィニティ」を完結に向けて進めたいのと、そろそろジョーとマリのシリーズ本編を爆誕&完結させたいので。
お声がけいただいている件に関しては喜んでワッショイ全力投球しますので、主催さんの発表を待って告知協力などしてゆく所存です。お見かけの際はどうぞよろしくお願いいたします。


【そのほか作ったもの】
・イベント配布用フリーペーパー(1/22、2/12、5/14)
・300字SSポストカード4種
・サークル情報ペーパー(4/1)
・折本「Morning Glory」「ソーダ水の午後」「夜汽車のあと」
・封筒(折本セット配布用)、シール
・長編「双つ海に炎を奏で」告知フライヤー(9/18~11/5)


【執筆量】
執筆量
合計37万……多いのか少ないのか微妙なとこです( ´_ゝ`)
10万字超えの長編を二冊発行したので、去年よりはだいぶ増えました。
例によって、書きっぱなしのついのべ(大した量ではないはず)と、来年発行の本(約17万)は計算に入っていません。
ある程度執筆の時間が確保できるようになりました。ポメラさまさまですし、娘が人間になりつつあるゆえです。人間しゅごい。
来年はどうなるかなー(遠くを見る)


【来年の予定】
イベント参加は、
1/9~21 第一回ここすと(委託)
1/21 文学フリマ京都
3/25 名古屋コミティア
5/6 花鳥風月(委託)
5/20 関西コミティア
6/10 静岡文学マルシェ
6/17 北海道コミティア(委託)
7/16 Text-Revolutions

……という具合で予定しています。(各地のコミティアは申込みを済ませていますので恐らく参加できるかと思います)
日程次第ですが文フリ大阪も直参したいです。秋の名ティアも。
Adeは委託があれば参加したいです。時期的・お財布的に、12月のは直参できそう?とも思うのですけど(福岡往復なら飛行機は豊富)冬のおげんこうがあばばってる時期なので保留です。すごい楽しかったからまた行きたい!
zine展は、今年のように手製本やエッセイ、純文が強めならのっとふぉーみーなんです。申し込みたいけど、出す本が今年と大差ないのでどうかなあ。悩ましいです。
というか、ここまででもう、来年の予定が全部埋まったんじゃ?(・∀・)

執筆に関しては、最初にちらっと触れましたが、来年も主に長編を書くぞ、というつもりでいます。ちなみに去年も同じこと言った!
1月、文フリ京都では読み切り長編「双つ海に炎を奏で」を発行予定、7月のテキレボ7には長編「インフィニティ」第三章を持って行きたいと考えています。
(そして翌年1月の京都で「インフィニティ」を完結……というのは鬼が笑うどころではないですけども、スケジュール的な予定としてムニャムニャ)
ジョーとマリのまとまった話はその後になるかと思います。突発的に何かが降りてきたらこの限りではありませんが。
当然ながら、何かがブワッと燃え上がって、予期せぬ新刊が生えている可能性はゼロではありません。

短いものは、テキレボの公式アンソロやポストカードラリー、イベント配布のフリーペーパー、毎月の300字SS企画、ヘキライなど、書けるときに書いていくスタイルで続けていくつもりです。(たまったらまとめる気まんまん)


【というわけで】
そんなこんなで、何となくイベント参加予定が決まりつつあるのですが、〆切ブルーだとかイベント前ブルーだとか言いつつも、ゆったりやっていきたいです。
たぶん、テキレボが1回しかないんで、テキレボ近郊の人はゆっくりペースになると思うんですよ(わりとまがお)。必然的に影響されてゆっくりになるのかなー、とか。とかとか。

インプット・アウトプットを充実させるのはもちろんのこと、電子書籍化も考えたいです。こちらは完売本から……となるかと思いますが、電書化で新たな層に届くことを期待するというよりは、電書版のほうが読みやすい方に向けて、です。
私は紙本のほうが読みやすいと思うのですが、同じように電書のほうが読みやすいと感じる方もいらっしゃるだろうし、電書版なら読み上げや、拡大機能にも対応できますから。(これも、広い意味では「電書化で新たな層に届くことを期待」に含まれるのかもしれませんが、気持ち的には「置いとくので適当にどうぞ」って感じですかね……。売上げはあれば嬉しいけど、期待はしていません)
自分ではあまり同人誌の電子書籍を読まないし、初めてのことなので、環境を整えつつゆっくり作業します。


入稿を終え、抱えている原稿を全部手放したので、2月いっぱいくらいまで〆切のない国ガンダーラに移住します。
温泉行くー!でーぶいでーを見るー!撮りためたアニメを見るー!積ん読を崩すー!\(^o^)/

来年1月、新刊と委託アンソロを持って京都に参りますので、ご挨拶できますと幸いです。お会いできそうな方もそうでない方も、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト