第6回 #テキレボ 有難うございました(委託レポ) #テキレボレポ

テキレボ6、無事に終了しました。翌々日(30日)には返送分と代行でお願いした荷物を受け取ったので、めっちゃ早いな!と感激しています。
準備会スタッフさん、メンバーズさん、お手に取って下さった皆さま。有り難うございました。

テキレボ合わせのアンソロジー「べんぜんかん」「心にいつも竜を」に参加したことや(結果としてもう一つ「文芸アンソロジー トリカラ」も先行頒布されることになりましたし)、長編「インフィニティ」の頒布のためにも、長編読みさんの多いテキレボはできれば直参したいのですけど、交通費で本が一冊刷れるというのはやはり重く、特に今シーズンは新刊を2冊出してしまったことと、10回記念のCollage Event Ade、そしてzine展に合わせて九州遠征を予定していたため、関東行きは諦めました。また次回直参したいです。

というわけで第3回以来の委託参加です。事務処理まわりの書類が昔(昔!)とは変わっていて、納品書は前は手書きだったよなーとか、懐かしく思い出しながら作業しました。
実感としては、楽になった部分と、確認書類が増えてややこしくなった部分と両方ありますが、やはり現地で委託コーナーを見た/利用したことがある(+メンバーズも経験しているので作業の流れがわかる)ので、それゆえにこの書式なんだろうなあ、と想像できるのは良かったです。

それでも、ひとつやらかしてしまったのはセット販売分の見本誌で、どちらにも「セット販売である」ことを表記していなかったので、スタッフさんに新たに見本誌票を作っていただくことになりました。お手数おかけしました……。
webカタログや宣伝で「セットです」と訴えてはいたものの、見本誌にそれを反映することがごっそり抜けていました。慢心もあったし、事前チェックして決め打ち派なので、そうでない観点がなかったなあと反省。
準備段階で、セット販売の見本誌は両方出していいのかな、1アイテムなのに2冊は図々しいかなと考えてはいたので、その段階で質問していれば表記の注意を受けられたかもしれないのに、まあいいかとGOしてしまったんですよね。あかんあかん。


今回もお買い物代行で注文があった分は全数通知が来ていたので、それを参考に搬入数を決めましたが、結果として長編の2巻はもっと減らしてよかったですね……。長編の厳しさを痛感したというか、続き物長編と短編集があれば短編集の方が手に取りやすいですもんねえ。そらそうだ。
というわけで、短編集「ホクスポクス」は9月の文フリ大阪、10月の名古屋コミティアでそこそこ数を頒布していますが、搬入の8割ほどが旅立ってゆきました。有難うございます!
長編は長く頒布予定ですので、次回以降もよろしくお願いします……ということで(笑)テキレボ7では第三章が出ますよ!(よていはみてい)
テキレボが凄いのは、これだけ(3種類4冊)の委託頒布で、初参加だけどめっちゃ手応えのあった名古屋コミティアの売り上げを軽々上回ることなんですよね……毎度ありがたいことです。楽しんでいただけますように!

参加したアンソロジーも売れ行き好調とのことで、個人誌ではご縁のなかった方にもアンソロを通じて作品を読んでいただけるのは本当にすごいことだなあと思います。貴重な機会をいただき、ありがとうございました。
三作どれもトップバッターです!めっちゃ凪野ってやつおるやんって思われてるかも……(笑)アンソロから入ってくださった方は、個人誌もなにとぞよろしゅうお願いします。


毎度お世話になっている300字ポスカラリーさんについても少し。
今回は動きが早かったので、申し込み開始時点では原稿ができあがっていて入稿を待つばかり、みたいな状態でした。さすがに申し込みもしてないのに入稿したらアカンやろと(笑)(ネタそのものはお題発表の日にできあがってたので)
いつも通り、グラフィックさんに100枚お願いして、115くらい納品されました。端数を手元に置いて、主催さんに託したのは110枚。
先日いただいた残数連絡によると、代行と会場頒布で70枚くらいがもらわれていったようですね。代行、会場頒布ともに前回より少なかったとツイートされていたのですが、確かに前回(約87枚配布、ただし直参だったので厳密な比較ではないです)よりは少なめで、でも十分だと思っています。こちらも新しくご縁があると嬉しいな。
引き続き、web公開や継続頒布もよろしくお願いします。


お買い物代行も欠品なく届けていただきました。


おげんこうが燃えさかっているので、まずは初稿を上げて、寝かせ中に読んでいきます~。


先にも宣言しましたが、次回テキレボ7は直参の予定です。
10月に再版した「魔法使いは飛行機械の夢を見るか?」、1月発行予定の単巻完結の長編「双つ海に炎を奏で」、そしてテキレボ合わせの新刊「インフィニティ第三章 遥けき蜜月」が初売りになります。よていは以下略。
「双つ海~」のパンチ力(対おさいふ)が凄まじいので、このほかに新刊はないです。ないと思います。作りません。
時期的に「生きてるだけで\えらい/」みたいな状態が予想されますので、ポスカラリーさん以外は企画参加も控えめの以下略。(翌日が平日なので直帰確定です……)
生きて東京に行くのが目標です。どうぞよろしくお願いします。

年内のイベントはすぐそこにまで迫った3連休中の別府zine展、福岡Ade、北海道コミティアで終了です。
あっ、11/18・19開催の静岡ストリートフェスティバル、静岡文学マルシェさんにて開催のポストカードギャザリングにも参加します!(入稿済み)(18日は現地にいるかも)
2018年は1月のここすと(委託)、文フリ京都、3月花鳥風月(委託)、名古屋コミティア……と、文フリ以降は新刊を売っていく感じになると思います。
娘の体調不調やそれの飛び火、遠征準備など、身辺がちょっとごたついていますが、無事新刊を出せるように頑張ります。
スポンサーサイト