11月のイベント参加告知(1)

11月の3連休はイベントラッシュ。委託で2つと直参で1つ参加する、過密スケジュールとなっております。(告知がごちゃごちゃするので、会期終了までブログトップにインデックスを作りますね……)
同時に、今年最後のイベントでもあるので、帰省時や年末年始のこたつライフのおともに、ぜひお迎え頂ければ嬉しいです。

まずは委託参加のイベントのご案内です。


【11/5 北海道コミティア7】
お品書きはこちら。(大きいものと試し読みはPixivでどうぞ)
北ティア7お品書き

「Z-29 灰青」にて参加します。北ティアは去年の秋以来の参加ですが、出品する2種はどちらも初売りです。

秋の新刊「ホクスポクス」はSF・ファンタジーの短編9本入り。公募アンソロやイベントで配布したフリーペーパーの再録を含みます。心持ち他の本より甘め。
拍子のトワイライトPPがめっちゃ上品ですてきなので、ぜひ見て頂きたいです。

掌編集「ポッケ」はついのべ、300字SSの再録と3000字短編を詰め合わせた名刺代わりの小さな本。性質上、試し読みを掲載していないので、見本誌をご覧下さい。文庫サイズ変形(正方形)、角丸の可愛い本です。(中身は薄闇ですが)

このほか、絵描き参加者さんの鉄子さんのスペース(D05 鉄子の部屋)で委託頒布されるコラボアンソロジー「心にいつも竜を」(ここドラ)に参加しています。「世界の半分をお前にやろう」から始まる伝説が息づく世界を描いたスチパン風エンタメ「末裔」を寄せました。まのいさんにダイナミックなイラストをつけて頂いております……!


【11/3~5 Zine展in Beppu4】
お品書きはこちら。(大きいものと試し読みはPixivでどうぞ)
zine展4お品書き

北ティアにも出品する2冊に既刊2冊、それからイベント限定頒布の折本セットの5種が有料頒布、新しく作った二色刷りの名刺が無料配布です。
zine展さんは本を代理購入・送付する「お買い物代行サービス」を実施されますので公式サイトhttps://zinebeppu.jimdo.com/をご確認下さい。手数料がかかりますが、他のサークルさんとのおまとめ通販にとても便利です。うちの本のみでしたら自家通販の方がお安いです(が、折り本セットの取り扱いはありません)。

「折本セット」についてですが、こちらは折本3種を手作り封筒・シールで封入した限定セットです。和紙(大礼紙)にカラーコピー、封筒はクラフト紙。(折本A7サイズ・200円)
折り本セット


朝:倦怠期を知らない恋人たちの朝。未来を視る魔女と機械の体の青年のお話。
昼:政略結婚から始まる恋。2018年1月発行予定の長編「双つ海に炎を奏で」の主人公ののろけ。
夕:最終の汽車が発った後、夜の中で奏でられるヴァイオリン。「Linkage」(「ポッケ」収録)のルーイとナタンの邂逅。

という感じの、どれも3000字程度の作品です。字は小さいです……。
3種とも11/5開催のAde10内「折本フェア」参加作です。Adeの自スペースで配布するほか、三連休頃からネットプリント配信、終了後は個人サイトにてPDFを公開予定です。

このほか、「六角形」をテーマにした短編アンソロジー「べんぜんかん」(卯楽々堂・う-1-1)、鶏の唐揚げをテーマにしたアンソロジー「文芸アンソロジー トリカラ」(cage・け-1-1)にも参加しています。
どちらもとてもユニークで面白いアンソロジーですので、ぜひご覧下さい!


zine展さんは委託オンリーのイベントなのですが、毎回とても素敵に本をディスプレイしておられるし、手厚く扱って下さるとのことで一度参加してみたかったのです。
短編集ばかりで、手に取りやすいラインナップだと思いますので、初めての「灰青」としていかがでしょうか。
イチオシ本として、海と人魚の短編集「エフェメラのさかな」を挙げています。和風ファンタジーからSFまで、バラエティ豊かな6作を収録。試されるエロスと噂の一冊、お試しをお待ちしております(・∀・)
スポンサーサイト