2/12 #静マル 参加情報

2/12、静岡市はコミュニティホール七間町MIRAIEリアンにて開催される静岡文学マルシェに直参します。

スペースは「か03」、「灰青+博物館リュボーフィ」というサークル名です。会場のいちばん奥、委託やポストカードと向かい合う配置。
何の捻りもないサークル名ですが、毎度お世話になっております、まるた曜子さん「博物館リュボーフィ」と合体というミラクルです。繁忙期のまるたさんに「スペースはんぶんこしましょうよー、お店番しますよー」と軽率に持ちかけて進めていたところ、まるたさんが貴重なお休みをもぎ取ってこられた(たぶん間違っていない表現)ので、当日は二人ともスペースにいます。
もしくは片方が買い回ったりマフィンをもぐもぐしているかもしれません。(←すでに浮ついているのが明らかな文言)


お品書きはこちら。まるたさんのもご自身のブログで公開されてます。
webカタログはこちらをご覧ください。
0212blog.jpg

【新刊】ポッケ
ついのべ13本、300字SS6本、約3000字の掌編を掲載した名刺代わりの小さい本。ついのべは少しだけ新作も入れてます。
「ふんわりの中にどっしり闇」「理屈っぽい」「なんかようわからん」という私の作風に沿った……というか、「ぽい」ものを集めたつもりです。
pocheblog.jpg
3000字掌編は、お嬢様エンジニアと付き人、炭鉱で働くヴァイオリニストという少年少女三人組のバトルと通訳をめぐる短いお話。
お品書きには「スチパン風」とありますが、文字数の関係であんまりスチームもパンクもしてません……。
これも長編化できたらなあ、とぼんやり考えているのですが、テーマらしきものに切り込む隙を窺っているところです。(=なんか降りてきたら書きます)
未来の凪野先生にご期待ください_(:3 」∠)_

【既刊】
シリーズ長編「インフィニティ(序章、第一章)」、読み切り長編「凱歌」、短編集「ヴェイパートレイル」「エフェメラのさかな」を持ち込みます。

「プリズム」「リドゥリー・シュライアの不幸と幸運」の頒布はありません。ご希望があれば取り置きしますので、ツイッターやメルフォからお声掛けください。

そして、初めてさん向けの頒布作品傾向分布図がこちらです。
0212作品傾向
(大きい図はwebカタログの「総合案内」につけてます)

ポストカードギャザリングにも参加しています。「ポケットの魔法」という、新刊と共通モチーフの作品です。前回のよりはずっと光属性ファンタジー(猫かぶりともいう)なのでお気軽にお持ちください。
pcgblog.jpg
ポストカードギャザリングについては解説ページをご覧ください。


えーと、二人いるうちの髪が短くて関西弁の方が私です。
まるたさんは作品紹介の無配本を、私は試し読み兼用フリペ&長編「インフィニティ」紹介フライヤーを配る予定(まだ一文字も書いてない)です。
東の方への遠征はわりと珍しいので(4月のテキレボが今年二回目にして最終になる予感)、ぜひとも遊びに来てください。よろしくどうぞー。
スポンサーサイト