#福Ade7 有難うございました!(委託参加レポ)

12/11開催のCollage Event Ade7無事に終了しました。
昨年に引き続いての委託参加、たくさんの方にお求めいただけたようで嬉しいです。
スタッフの皆さま、委託担当の七歩さん、お世話になりました。有難うございました!

Adeさんは通常は服飾系ハンクラ+創作同人ジャンルで開催されていますが、年イチで委託参加の募集があります。委託初回だった去年、産後で身動きできなかったこともあって申し込んだのですが、手厚いおもてなしにすごく感激したのですよ……(去年の参加レポはこちら

委託参加って本を送って宣伝打ったあとは運を天に任せるしかなくて、本当にこう……やきもきというか祈る気持ちというか、縋る気持ちなので、Adeさんの「委託本を売りたい/読み手さんに届けたい」という姿勢には感謝しかありません。

(ちなみにテキレボも委託売上が良いイベントですが、アンソロやwebカタログが事前公開されていて、直のやり取りでなくとも本の情報が得やすいから、というのが大きいと思うんですよね……。もちろん見本誌棚効果やお買い物代行で分母が大きいというのはあるだろうけど、「売りたい」のはあくまで書き手で、主催さん方は場を整えてくださるイメージ)

委託本のなかからお気に入りの一文を抜き出して掲示する「ほんのいちぶん」、猫関連スタンプラリー「にゃんぷらりー」に委託参加者でも関われるように、と企画された合同誌「猫本(にゃんぽん)」など、委託スペースへ買い手さんを誘導する仕掛けにはともかく有難うございますの一言で。
賑やかしになればとどちらも参加させていただきました。

イベント規模や雰囲気、方向性にも左右されると思うのですが、イベント主催側(担当の七歩さんは主催ではないですけど、委託を受ける側という立ち位置として)が委託本を積極的に売りたいと考えてくださるのはとても嬉しいし、そのためにアイデアを出して手を尽くしてくださるのも本当に有難いことで、Adeさんは売り上げがどうこうよりもこの「おもてなし感」を味わいたいがために参加している面もあるかもしれません。

当日はこんな感じで


お世話していただいていた模様。持ち寄りのプレゼント交換会「くじびきツリー」も楽しそうでした!


最近はイベントに行っても同人誌しか買わないので、一度は直参して、グッズサークルさんも見てみたいなあ……。娘が大きくなったら連れていってあげたい。
あっ、でも小学生未満入場×でしたっけ。あと5年……_(:3 」∠)_


売上の方は、金額面では昨年に及びませんでしたが文庫判の短編集がたくさんお嫁に行って、送った時よりも小さな箱で戻ってきました。(この配慮も嬉しい……)
あの豪華ラインナップの中から手に取っていただけたこと、感謝いたします。


くじびきツリーの景品と「猫本」も手元にやって参りました。
「猫本」の残部は文フリ京都にて頒布されるとのこと。短期間の募集だったにも関わらずすごいネコリティですので、猫好きさんはぜひとも!
(……という素敵ご本のトリを書いた人が犬派だとかとても大きな声では……ゲフンゲフン)

先ほど書いたように、Adeさんは売り上げどうこうよりもおもてなしの雰囲気がすごく好きだし素敵なので、ほんと一回参加したい……ハンクラサークルさん見て回ってぽわぽわしたい……!
また委託募集されることがありましたら、見逃さず参加したいです。


さて、「灰青」の2016年のイベント参加はこれで終了、年内に文フリ京都合わせの新刊「インフィニティ1章」の〆切がありますので、これをやっつけたら年が越せます。
2016年総括はまたその後で(ちょう年の瀬ですけど……)。
1/22開催の文フリ京都が2017年の初イベントです。京都のイベントって何年ぶりやろ……。お品書きや頒布物についてはまた来年に記事にしますねー。

スポンサーサイト