アンソロ等寄稿情報

あちこちで手を挙げた参加型企画の原稿がすべて校了しましたので、秋発行予定のアンソロジー等参加情報まとめです。


Text-Revolutions公式アンソロジー

10/8開催のテキレボ4公式アンソロジーです。今回のテーマは「和」。
テキレボはいわゆるイベントパンフを発行していません。サークルアピールのための機会として、こちらのアンソロジーに参加しました。今回は寄稿者さんが100名を越えている(?)らしく、紙版を入手予定なのですが、厚みと重みが楽しみでもあり恐ろしくもあり……。
web版の公開は8/24~(9月からの予定でしたが、参加者多数のため前倒しされました)、紙版の発行は9/18だそうです。

和風ファンタジー「白露」を寄稿しました。
何度かお伝えしていますが、こちらは秋の新刊「エフェメラのさかな」に収載予定の短編のダイジェスト版で、先日web再録した「海神の炎」の裏側、人魚サイドの話です。
槐(えんじゅ)と名乗る若武者に出会った人魚の姫は一目で恋に落ちる。人魚とヒトとの恋は古来よりの禁忌、内海で同盟している鬼との約定にも反することであるが、姫は戦の混乱に乗じて海を去り、槐とともに陸で暮らそうとするが……。


キャラクターカタログ企画

テキレボ内有志企画のひとつです。
創作作品のキャラクターメインの宣伝をしようということで、キャラクター紹介画像+SSがたっぷり読める(100P越え!)冊子の制作と配布をされる予定です。この冊子は無料配布とのことですので、ぜひお手に取ってみてください。お買い物代行もOKのはず!

こちらには、既刊「リドゥリー・シュライアの不幸と幸運」より主人公の男装女子リドゥリーと、彼女が兄たちに宛てた手紙SS、新刊「エフェメラのさかな」収載の「宙の渚のローレライ」より宇宙港通信管制官(と書いてオペレータと読む)ノルンと、短編の主人公フランツとの青天の霹靂出会いシーンを描いたSSを寄稿しました。
キャラログ
↑昔懐かしのグラデ便箋風。

何だかんだ書きましたが、要するにおんなのこかわいい……うちのこかわいい……という話で、恐らく皆さま同じような鼻息の荒さで挑まれてると思いますのでぜひぜひ。
「リドゥリー~」はちょっと分厚めの少女小説風冒険譚です。残りが10冊少々、とだいぶ減ってきたので、できれば秋のイベント連戦で売り切りたいんですが……微妙なところです。サイトやなろうさんで全文読めますので、試し読みがてらどうぞ。
(イベント搬入量は少なめです。確実に手に入れたいという方はお取り置きをお勧めします)


おっさん×少女アンソロジー第二弾「歩みを寄せて」

第一弾「掌を繋いで」が爆売れ、完売間近のおさしょうアンソロ第二弾です。10/8、テキレボ4合わせで発行予定。
今回もがんばるおんなのこと、マイペースなおっさんの組合せでお送りします。おっさんが(なんでおれが)と思いつつもおんなのこの髪を梳いたり身だしなみを整えたりするお話ですハァハァ。(←なんか漏れた)

「薔薇姫と庭師と」
和平条約締結に伴う人質として差し出された樹人(キビト)国の薔薇姫。草花を身に纏い、ともに生きる樹人国の姫を国王は丁重にもてなすが、心労もあってか、姫は塞ぎがちになってしまった。何とかしろ、力を貸せと命じられた庭師は、薔薇姫と侍女の山吹に引き合わされる。


Artificial Intelligence Anthology

約30名が参加予定の、AIを題材にした公募アンソロジー。11/23、文フリ東京にて発行予定です。
ブログの進捗記事でもお伝えしていましたが、提出&校了が済んでほっとしています。予定枚数はオーバーしましたがw
他の方の作品がめちゃくちゃ楽しみです。9月10月のイベントではフライヤーを配布しています。

「stargazer」
全身が壊死してゆく難病に冒されたジョーは機械の身体=義肢義体(フィギュア)を得て病気との共存を図る。未来を見通す力を持つ魔女のマリは病気が治らないと「識る」が、ジョーの闘病に付き添う。
義肢義体メーカーの研究者、崔とアナンドが人格複製、電子人格AIのモデルになってくれとジョーに依頼するが。
ヒトとヒトでないいのちの汀を描く近未来SFファンタジー。



という具合です。
全部手を離れたので、あとは自分の原稿のみ……_(:3 」∠)_
秋以降のイベントでお見かけの際は、どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト