ようやく……!

執筆中の「リドゥリー・シュライア」、ようやく主人公のリドゥリーとうさんくさい人を出会わせることができました。よかった、これで話が進む!(笑)

この「リドゥリー・シュライア」、主人公の名前そのものがタイプしづらくて、気を抜くととんでもない名前になっていたりするので油断できません。
二話からは愛称(タイプしやすい名前/ここ重要)で呼ばせるつもりなのですが、地の文ではやはり「リドゥリー」なわけで……つらいです……(←おおげさ)

全体の構成はまだ練っている途中なのですが、たぶん五部構成くらいになると思います。
出会う→できごと→できごと→ラスダン→ラスボス、というような。エピローグまで含めれば六部かな。
あ、「ラスダン」「ラスボス」はあくまで喩えです。RPG風ではないので、ダンジョンにも潜りませんし、ボスキャラ……は出ますけど、戦いません(笑)
西洋風、剣はあるけど魔法はどうかしら、な地味~な世界観です。
個人的な趣向として異性装要素を入れていますが、うまく物語中で雰囲気を出せるとよいのですが。


ところで、来月引っ越しをするかもしれません。
実家を離れるのは初めてではありませんが、以前とは事情が違うので、何を持っていくか、何を置いていくか、そろそろ選別と片付けを始めようか……といった状態です。
そんな私へ、母が「ガラスボウル(耐熱のやつ。重い)あるけど持っていく?」というので持っていくことにしました。
次には「ガラスの小鉢あるけど持っていく?」、
さらには「氷の器が作れる二個組のガラスの器あるけど持っていく?」と……。

なぜ、ガラスものばかり勧めるのですか母よ!
(答:重くて使わないから)
ガラスものは好きですけど、ものには限度があります……。

じゃあ、と調子に乗ってFP(容器がガラス製)をおねだりしましたが、あっさり拒否されてしまいました(笑)
スポンサーサイト