ロックオペラ モーツァルト

先日、友人を誘って「ロックオペラ モーツァルト」を見てきました。
山本耕史さんと中川晃教さんがモーツァルト、サリエリ役を交互に上演するというステキフルなダブルキャストで、見に行ったのは山本さんがサリエリ、中川さんがモーツァルト役の「ルージュバージョン」でした。

中川さんの演技を見るのは初めて、山本さんもミュージカル(というか、歌)の出演を見るのは初めて、という初めてづくしでしたが、ヴァイオリンとロックバンドの生演奏(もちろん、モーツァルトの作品も挿入曲として使われました)や迫力ある歌、ダンス、衣装、舞台装置から演出まで、とても素晴らしくて前のめりで見ていました(笑)
山本さん、中川さんともに今をときめく男優さんということで、ファンの方やリピーターの方も多く来られていたらしく、歌のたびにあちこちで大きな手拍子があがっていて、さすがだなぁと変なふうに感心していました。ちなみに、一緒に見に行った友人は銀英伝のファンで、中川さんが去年の夏に演じられた銀英の舞台を何度も見に行っていたというんですね。で、さらに友人は中川さん演じる撃墜王・ポプランのファンだというわけで……誘ったのですが(笑)
中川ポプランすごかった、ポプランすごかった、と何度も聞いていたのですが、本当にパワフルな方で、所狭しと舞台を駆け回っておられました。それと、声域が広くてびっくりしました……!

山本サリエリは、休憩を挟んだ第二部から大活躍(と言ってよいものか)でしたが、このダブルキャスト制が本当によくできていて、夜の「インディゴバージョン」の当日券の列に並びたくなるほど魅力的でした。……いえ、夜には別の予定があったのと、お財布的に厳しかったので見ませんでしたが。
それでも、中川サリエリ、山本モーツァルトはどんなふうな演技なんだろうと思わずにはいられませんでした。
カーテンコールが始まった頃には一階席は総立ちで、ものすごい熱気でした……! プチ掛け合いも面白かったし、アドリブ(?)の投げチューも可愛かったし、カーテンコールだけで汗出ました(笑)
これはほんと、ファンの方にはたまらない作品だろうなあ。
もう全公演終了していますので、見に行ってください! とは言えないのですが、面白かったです。再演しないかなあ。秘かに楽しみにしています。


その後、友人と中川ポプランのDVDを借りる約束をしたのですが、「ポプランもすごいけど河村隆一のヤンがすごいから! ヤンが!」と、ひたすらヤンをプッシュされたのがとてもとても印象的でした。
確かに気になるし、評判もすごく良いようなのですけど、私はミタさん派で……(モゴモゴ)
スポンサーサイト