モノカキのジレンマ

モノカキさんにはありがちな悩みかもしれませんが、たくさんの方に読んでいただきたい、でもあまりに思わせぶりな宣伝を打ったり、流行りジャンル(?)に手を伸ばすのは抵抗がある……という二律相反した思いが私にもあります。

結局は、こつこつと自分の好きなもの、好きなことを書き綴っていくしかないのですが「これって面白いの?」の病や、「これは誰向けなんだろう」の病が慢性化し、思考の堂々巡りに陥ったり。
たったひとりでもいい、私の作品を好きだと仰って下さる方がいますようにと願いつつ祈りつつ、打ち込み作業を続ける毎日です。

(うーん、何だかまとまりのない記事になってしまいました……。結論として、「書き続ける」以外にはないのですが)
スポンサーサイト