ペーパー小説完全版、アップしました

先日の大阪文フリにて配布したペーパー裏の小説、「蝶の魔術師と夜の翅」の完全版をアップしました。


鳥の種族が云々とか、そういった枝葉の部分をばっさりカットせざるを得なかったペーパー版ですが、今後の世界観の広がりにも関することだし、基本、ぐだぐだうだうだと書くのがワタクシ流ですので……と色々理由をつけ、完全版をアップしました。

今後、10月11月のイベントでお配りするペーパーにも連作という形で読みきり短編を掲載していきます。
また、両イベントではカタクリとメビウスの出会い編を無配本として作りますので、どうぞもらってやってくださいませ~。
(当初は折本にするつもりでしたが、それで収まる分量ではなくなりました…… ←いつものこと)
本というにはおこがましい薄さになるやもしれませんが。
まだ初稿もあがってないので、ちょっとギア上げて頑張ります。

で、連作という形で進めていくにあたり、「空に花、夜の翅の」という微妙に収まりの悪いシリーズタイトルをつけてしまいましたが、長いので何とでも呼んでください。(例:設定チートのやつ)
飛竜騎が云々言ってますが、今回誰も空飛んでないしNE★(目を逸らしながら)
ていうか、竜さえ登場しないしNE★
……つ、つぎは……次こそは。これで勝ったと思うなよ!(悪役的捨て台詞)


そんなわけで、文フリの片づけをしつつ、週末の本の杜の準備をしたり考え事をしたりしています。
イベント後って信じられないくらい時間が早く流れますよね……。(私だけですか?)
関西ティアまで一か月切ってるわけだし、さくさくと無配本の原稿を進めたいと思います。

明日は本の杜のお知らせを更新しますよー。


スポンサーサイト