「リドゥリー・シュライア」3章(4)アップ

「リドゥリー・シュライアの不幸と幸運」 3章(4)アップしました。


やっとファントムさんの登場です(笑)
本当に名前負けで申し訳ないんですが、もし仮に「ファン・トム」さんだったらそれほど名前負けじゃないような気がするのですがいかがでしょう……(そういう問題?)

それはともかく、早いもので物語も核心に迫ってきました。
8月末、もしくは9月上旬には連載が終わってしまいそうなのですが、サイトの更新はどうしようかなあ、と考え中。
「石飼」も書かなきゃなんですが、目下脳内を占領してるのは、飛竜騎の猟師と蝶の翅の魔術師の話でして、秋のイベントでお配りするペーパー小説は「石飼」からこちらに変更しようかと思ってます。
4000字上限の短編連作をと考えていて、まだまだ設定ばかりでテーマがどうこうというところまでは達していないのですが、「プリズム」の最初の頃のような日常のお話も多くなってくると思うので、細々と書いていけたらなぁ。

ひとまず、更新ストック作成よりも秋の本「トリニティ」と無配の折本の作業を進めたいので、9月中に何かを始めるというのは難しそうです。早くて10月から、遅ければ……という感じでしょうか。
まだまだ未定のことが多いので、決まり次第ご報告していきます。



と、いうわけで「トリニティ」。
現在赤入れ→修正のターンですが、前作の「リドゥリー・シュライア」と違って分量が半分以下なので、集中力を保ったまま読み終えることができていろいろはかどります(笑)
内容の吟味はもちろん、そろそろ表紙をどうするか考えないとなーという段階で、気が重いです。
どうしようかなぁ。



スポンサーサイト