2017年09月の記事 (1/1)

#テキレボで楽しみな本 (テキレボ6ver.)

引き続き、恒例・テキレボで楽しみな本一覧です。(別名、おかんによる飴と鞭その2)
ここからお買い物リストを作るのですけど、積ん読山がえらいことになっているので、福岡や京都、春の関西で買えそうな本はそちらに回すかもしれませんごめんなさい……。
気前よくポーンと前払いできる財力が欲しい!(前払いになってからは直参が続いていたので、初の代行前払い)

好きそう/好きだ/好きに違いない/作者買い、ゆえの「楽しみ」なので語彙がとても貧相ですがお許しください。
ここに載せてる本が好きならうちのコレもお勧めでっせ!とかあのサークルさんのソレもいけるんちゃいます?的自薦他薦もお待ちしております。


「ふわりきみのうで」by notice me senpai(ブース番号:A-04)
前回も今回もアンソロがすごく好きだったので。作風としてはラブありでちょっとしんみり(?)してるのかな、楽しみです。


「Letters -300字SS集- 3」by SiestaWeb(ブース番号:A-23)
どんでん返し職人・桂瀬さんの300字SSまとめ本。読んで楽しいし、オチの教科書として。


「[漫画]中田中TOYBOX!」by SiestaWeb(ブース番号:A-23)
中田中のファンとしては見逃せない!ワイワイしているだけじゃない凸凹コンビ、大好きです。


「嘘つき王女と隻腕の傭兵」by 夢想叙事(ブース番号:B-04)
これは絶対好きなやつ!と自分の嗅覚を信じる一冊。永坂さんのお話はこれまで短編しか読んだことがないので、その意味でも楽しみ。


「短編集(仮)」by 華亭の鶴(ブース番号:B-20)
知識も教養もないし歴史は不得意だけど、アンソロが良かったので。アンソロの庶民目線というか、「教養の外側」みたいなのがすごく好きだったんです(伝われ)


「【新刊】魔術師のてのひら」by 眠る樹海堂(ブース番号:B-25)
アンソロも試し読みも好きだったー!今回はどんな水面下の攻防が繰り広げられるか、楽しみです。


「踊る阿呆」by ザネリ(ブース番号:C-05)
大丈夫、オカワダ文学だよ。間違いない一冊!


「この夜でなければ」by 漣編集室(ブース番号:C-12)
大丈夫、まりつき文学だよ。間違いない一冊!(デジャヴ)


「【無料配布】崖底で叫ぶ歌は空へ届かない(仮)」by やまいぬワークス(ブース番号:C-19)
ハゼさんの作品も間違いない(以下同文)


「【無配】淋しい国のお伽話」by 空涙製作所(ブース番号:D-12)
いくつか前のアンソロの鉱石ラジオのお話が好きで。今回のも好きだったので無配から……。


「地方イベントが隆盛を極める108の法則<実践編>」by R.B.SELECTION(ブース番号:D-13)
イベンターではないのですけど、地方イベントが増えて、創作文芸ジャンルでも参加イベントを選べるようになってきた今、気になる一冊。


「贄と邪竜」by 藤つぼ(ブース番号:D-20)
アンソロのお話ですよね!?買わずにいられようか(反語)


「霧世界報告」by シアワセモノマニア(ブース番号:E-02)
大丈夫、青波文学だよ。以下同文でアンソロが好きすぎた……。


「二九六銀座へいらっしゃい+」by 三日月パンと星降るふくろう(ブース番号:E-05)
お酒本と迷ったけど、お話成分が強そうなこちらを。


「エンカウンターガール」by むしむしプラネット(ブース番号:E-13)
むし子さんの(可愛いに違いない)女の子がたぶん色々なふしぎに遭遇するんだ。楽しみ。表紙のもち金ちゃんもかわゆい\(^o^)/


「【新刊】A-D/C-P まるた曜子画集【先行販売】」by 博物館リュボーフィ(ブース番号:E-19)
まるた先生の画集だよー!ファン必携!根気のない人なので絵は描かなくなったけど、見るのは好きじゃあ。


「愛され姫はワルツを踊れない」by ホシカン(ブース番号:E-26)
作風を知ってるのはひつじさんだけなんですけど、絶対面白いと思うの……!直に買える(直とは)機会があって良かった!


「きらきら」by 夢想甲殻類(ブース番号:F-02)
竜の長編も気になるけど、りおさんは海のイメージが強いので……。


「私の家」by チューリップ庵(ブース番号:F-08)
瑞穂さんのお話もアンソロで何度か拝見して気になってたやつ。これまでご縁がなかったので今度こそは……。


「カケラ Vol.02」by 空想工房(ブース番号:F-05)
前回、「魔法使いの弟子」テーマで魅せてくれたサークル会誌。今回のテーマは雰囲気のまったく違う「スパイと相棒」、ジャンルは「ミステリー」ということで楽しみすぎる。豪華なゲスト陣も見逃せません!


「【新刊】暁天の双星」by 空想工房(ブース番号:F-05)
大丈夫、泡野さんの(以下同文)。泡野さんの長編は初めてなので期待が天井をぶち破るほどに高まります!


「【新刊】イヤサカ」by イノセントフラワァ(ブース番号:F-18)
大丈夫、清森さんの(以下同文)。性癖のロイヤルストレートフラッシュですよ、読むしかない。


「【新刊】心にいつも竜を(竜と人&字書きと絵描きのコラボアンソロジー)」by えすたし庵(ブース番号:F-22)
私、まだ自作しか知らないんですけど間違いないのわかるよね?空気伝わってるよね?(傲慢)


「P」by オレンジ宇宙工場(ブース番号:F-27)
こちらも何度かニアミスしてるので今度こそ……!動く点P、気になる。


「最果て食堂3」by 酔庫堂(ブース番号:F-28)
大丈夫、七歩さんの(以下同文)。結末もだけど、おいしいごはんが楽しみ。


「祝祭 カルネヴァーレ」by バイロン本社(ブース番号:委託-23)
吸血鬼ものプッシュということで。繰り返しますが知識も教養も(略)。「風鳥詩」とどちらにするかもう少し迷います……。どうしようかな。


「誉無きイヴ」by 一服亭(ブース番号:委託-38)
SF者さんのSFは貴重……!超自然とSFの融合……!!必見。いぐあなさんは300字SSの方という印象が強いので楽しみ!


「雨の引力、夜のりんご」by 42101(ブース番号:委託-40)
モリモトさんの作品、以前の300字ポスカで気になってたんです。すごく不思議な手触りで。どきどきわくわくが詰まってそう。


「ふたごもりの家」by 赤卒文庫(ブース番号:委託-47)
アンソロがすごく良かったので……!虫が苦手(写真でバーンて来るわけじゃないから大丈夫だとは思うけど)なのでこちらを。


「いと- へん 【糸 - 偏】」by 暁を往く鳥(ブース番号:委託-49)
こちらもアンソロが良かったので……。糸偏というと、「つながる」イメージがあるのですがはてさて。その通りでもいいし裏切られてもいい!


「【新刊】ジュエル【鳥散歩】【変身祭り】」by cage(ブース番号:委託-50)
大丈夫、こおりさんの(以下同文)。短い中にいろいろなものがギューッと凝縮されてるのがこおりさんの作風だと思うので楽しみ楽しみ。


「海へ。」by パレオパラドキシア(ブース番号:委託-53)
あまぶんで買い損ねてしまったので……。普段はあんまり詩歌と接点がないのだけど、構えずに読める本だと思う。
スポンサーサイト



#名古屋コミティア 51 参加情報

10/8、名古屋国際会議場にて開催される名古屋コミティア51に参加します。
サークル名は「灰青」、スペース番号はD53。入口からわりと近いところです。

お品書きはこちら。
名ティア51お品書き

初出店なので、文庫判の短編集メインに持ち込みます。長編はお披露目程度に少しだけ。
お品書きにはありませんが、もしかするとスチパン風味のファンタジー読み切り「魔法使いは飛行機械の夢を見るか?」があるかもしれません。

まほゆめ

(jpg変換したらハデハデになったけど、実物はもっと落ち着いた色合いです……)
一応、10日が納品予定日なのですが……早く届けば持って行きますね。
滅び行く魔法文明と、未来ある機械文明が交差する国でのボーイミーツガール。本編と番外編3話を収録しています。(92P・400円)

小説の試し読みはpixiv(一部抜粋)、もしくはカクヨム(長編メイン)にてどうぞ。


文フリ大阪に引き続き、アンソロジー「心にいつも竜を」フライヤー、「テキレボ300字SSポストカードラリー」フライヤー、「手のひらアンソロ」フライヤー、そしてzine展in Beppu4のフライヤーを配布します。

300字企画さんからは前回(第4回)分のポストカードのセットをお預かりしています。
300字(以内)で綴られた物語が掲載されたポストカードで、集めるだけでアンソロジーができあがるという按配です。どんなの?ちょっとやってみたい!など、ご興味のある方はぜひともお持ちください。無料配布ですよー。


当日、晴れたら売り子氏と交互にお店番です。
初参加ということでまったり座っているつもりですので(たぶんポメラさん叩いてると思う)、どうぞよろしくお願いします。

#テキレボでオススメの本 (テキレボ6ver.)

恒例のオススメ本紹介です。基本的に前回(テキレボ5)以降のイベントで購入して読了した本を挙げています。買って積んでる本もたくさんあるので……そこはそれ……お察し……!!
前回前々回のオススメ本も合わせてどうぞ。


「しろたえの島、いつくしの嶺(一)(二)」by 鹿紙路(ブース番号:A-01)
鹿紙さんのゆりは上品で、でもちゃんとえちいので読み応えがあります。文化や背景描写も抜かりなく、安心して読めます。製作もおがんばりください……\おうえん/


「たんたん併」by S.Y.S.文学分室(ブース番号:B-24)
どんでん返しが気持ちの良い作品と、うわーお……と思いながらも目を離せないブラックな作品が収録された短編集。テキレボアンソロ掲載作の「みっちゃん」が好き。


「嘘つきの再会は夜の檻で」by 眠る樹海堂(ブース番号:B-25)
食えない人たちが不器用に過去を乗り越えてゆくさまが見所。読みながら「エッ大丈夫?これ大丈夫??」と不安で仕方なかったのですが、無事に丸く収まって良かった……。途中けっこうつらいし、パパさんは一発(とは言わず)腹パンしたいところですけど、ホント丸く収まって良かった……。


「夢の音がきこえる」by UROKO(ブース番号:B-29)
ディズニー映画のIFを描く短編集。あり得たかもしれない甘美さと、目にうつる現実のままならなさと。怖いの苦手なんで三谷さんの本を警戒していたのですが(すいません)、これは大丈夫でした。ファンの方は必見。


「飛ぶ蟹」by ザネリ(ブース番号:C-05)
オカワダ文学の入門編としてお勧めしたい短編集。長いのがいけるなら「ぎょくおん」を勧めたいですが、お試しとしてはこちらの短編集が気軽かな。どれも最初の一行から「オカワダプレゼンツ」ってはっきりわかる雰囲気と力があります。「ひととおりの憂鬱」が好き。


「卵怪談」by チャボ文庫(ブース番号:C-06)
たまさん入門としてはこちらがおすすめ(スノーホワイトを積んでるので)。「海に降る雪」はもちっと純文度高め。どちらも独特の翳りと隠微さと湿度があって、たまらんのです……。


「キンコ・ビーチ」by 漣編集室(ブース番号:C-12)
キンコをめぐる短編集。キンコってなに?そんな方は試し読み(前回の公式アンソロ「嘘」参加作)をどうぞ。おかしみとかなしみと、それらからふわっと解き放たれる軽やかさと。


「【新刊】庭常のサフトに小指をひたして【短編集】」by 博物館リュボーフィ(ブース番号:E-19)
まるた作品は断然長編がお勧めなんだけど、入口として新作短編集は如何でしょうか~。「あなたのとなりで」はSFスキーさん必見。「山鳩」に度肝抜かれた方は多いのでは。ブルータス、わたしもだ。


「【代行非対応】文芸アンソロジー トリカラ【委託】」by 博物館リュボーフィ(ブース番号:E-19)
参加者用校正PDFで一足お先に読了しております(10月中旬頃に感想を上げるのでお待ちください)。このトリカラがすごい2017。作風を知っている方も初めましての方もいらっしゃったのだけど、いやーすごい。SFあり恋愛ありのバラエティゆたかなトリカラでした。飯テロ力も高いのでお気をつけください。


「この夜が明けたら」by 夢想甲殻類(ブース番号:F-02)
翼を負わされ、命じられて飛ぶ少女たち。大人たちのエゴの重さに比べ、子どもたちの生命はあまりにも軽い。だからこそ夜明けを待ち侘びる心は強く切なく、太陽を呼び寄せる。立ち向かう少女たちの物語。


「茨の聖女」by 空想工房(ブース番号:F-05)
アンソロが可愛かった世界樹シリーズは注目度が高そうなので、敢えてこちらを推します。うっかり爆誕してしまったジャンル「尻ファンタジー」!!中身はシリアスとの解説に「尻アス?」と外野が揃って首を傾げた「尻ファンタジー」!!刮目してご覧下さい。


「時柴流星の変身」by 空想工房(ブース番号:F-05)
泡野作品は(「剣士と赤竜」もお勧めなのですけど、再録予定のお話と併せて読んでほしいこともあって)単独で読めるこちらをチョイス。わんわんに変身してしまう男子高校生……トラブルの予感しかない。笑えて泣けてしんみり、そして元気になれるエンタメ作品です。


「ガラ」by イノセントフラワァ(ブース番号:F-18)
戦!政略結婚!新妻!子作り!そして戦!と、清森さん作品のオリジナリティあふれる苛烈さが堪能できる一冊です。それぞれの戦いを生きるガラとグレーテの生きざま、勝ちに行くのか負けぬことを選ぶのか、そのあたりの駆け引きも大変面白く、だからこそ最後の決断は涙なしには読めない……。珠玉のファンタジー。


「海嶺谿異経」by ヨモツヘグイニナ(ブース番号:F-23)
公式アンソロ「マッコウクジラ」がお好きな方には文句なくお勧め。海属性のつたゐさん作品の良い導入だと思います。幻想属性(あるいはここドラ掲載作でティンと来た方におすすめ)だと「はだしの竜騎士」かな。「人に寄せないで」いのちを描く希有な書き手さんです。


「嘘の町を出ていく」by おとといあさって(ブース番号:F-26)
嘘の都〈ペテンブルク〉が舞台。この一言に魅力を感じた方は購入待ったなしです。時計技師の青年ぺトレと、からくり人形シアーシャの、ふしぎでかなしい恋のお話。最後まで読んで、「あぁ……」ってつくため息までが物語。読み手を巻き込んだ物語の紡ぎ手・らしさんこそが「技師」なのではないかなあ。


「べんぜんかん布表紙版」by 花うさぎ(ブース番号:委託-21)
著者献本で一足お先に読了しております。「六角形」をテーマに集まった6編の小さなお話に、主催・うささんがイラストを入れ、全ページのデザインを担当されました。そのせいか、まったく方向性の違う物語なのにどこか共通点があって、読み進めるに従って「!」となるとんでもない仕掛けです。視覚の力ってすごい。手製本ならではの触り心地や温度も絶妙なのでぜひ。


「君と食べ物があればいい ブロマンズ・BL掌編作品再録集」by またまたご冗談を!(ブース番号:委託-31)
食べずに生きていくことはできないから、「食べる」ことを丁寧に扱った本が好きだし、食べることを粗末にしない物語が好き。こちらは「おいしいものをきみと食べたい」ということで、ドンピシャでした。


「アイノマジナイ」by cage(ブース番号:委託-50)
物語ること、を語るに長けた氷砂糖さんによる、語り手と生のお話。マジナイの名は「呪い」となるのか、それとも。挿入される作中作がどれも見事。伸縮小説はいつ見ても圧巻……。
これはナギノさんは好きだと思う、と事前に予告があったとおり好きでした。けしからんもっとやれ。

文フリ大阪 有難うございました! #bunfree

第五回文学フリマ大阪、無事に終了しました。
たくさんお話できて、本の感想をお伝えしたりいただいたり、楽しい一日を過ごすことができました。お菓子も豊作です(笑)ありがとうございました。

台風が心配でしたが夜のうちに抜けたようで、きれいな晴天でした。屋外は昨年よりも涼しかったですが(去年は確か小雨がぱらついて蒸し暑かった)、会場内は人の熱気と、外への扉が開いているせいでけっこう暑かったです。

スペースはこんな感じでした。二次も置くとなるとぎゅうぎゅうです。


(ここドラのフライヤーを立ててますけど、お品書きと一緒に吊ってるし……ということで、写真撮ってからzine展さんのフライヤーに変更しました)

開場直後はまったりで、ちょっとどきどきしましたが、しばらくすると一般さんの流れも良くなって、新刊「ホクスポクス」を中心に、エースで四番「ヴェイパートレイル」、試されるエロス「エフェメラのさかな」、実は玄人さん向け「ポッケ」などたくさんお手に取っていただくことができました。
「ホクスポクス」は強かったです。初動としては最高記録でした。(※テキレボは例外)
育美はにさんにイラストをお願いしましたが、薔薇姫さまめっちゃ可愛いですし、看板娘になってくれたかと思います。ありがたや。表紙のトワイライトPPを綺麗と褒めてくださる方も多く、「それコミックモールさんです。年末までやってます」と宣伝しまくりました。
(モールさんのフェア情報ページをどうぞ)
すごく上品に光るPPなので、おすすめですよー!

続き物長編「インフィニティ」はお知り合いさんメインに売れていきました。ありがたやありがたや。引き続きご愛顧お願いします。
一方でその他の長編は厳しかったです……。今回「凱歌」が全然出なかったのでちょっとショック……と思ってたんですけど、考えてみればちっとも宣伝してなかった。そら動かんのも当たり前という話ですわ_(:3 」∠)_
(「ホクスポクス」はカレーが云々とかアホみたいな連ツイしてたのに……)
文フリで長編が出ないならどうすりゃええんや、ってちょっと途方に暮れますが、短編集のお話が合えば、長編も読んでね……ぜひとも……。長く売るつもりなので……。

「リドゥリー・シュライアの不幸と幸運」は残部1冊となりましたので、イベント頒布は終了とさせていただきます。通販、もしくは取り置き申込→イベント直接受け渡しでお求めください。
「プリズム」もあと一息が頑張れない感じ……頑張れ……。こちらは残部3冊です。じわじわ。こちらも年内の直参イベントには持ち込みますが、来年からは通販のみの対応になりますので、よろしゅうお願いします。


そんな感じで、今回も文庫本が強かったです。「ホクスポクス」を強気の値付けにしたこともあり、売り上げは1月の京都を上回りました。
頒布数としては京都と同じだったので、やはり単価の問題ですね。如実。
単品~少数買いの方が多かったので、お預かりしていたフライヤー類もかなり配布できたと思います(ダブってお持ちだったらごめんなさい)。

今回はイベント開始後、知り合いの方が多く来てくださったこともあり、ウォームアップできたからか、その後も比較的きちんとお話できたのではないかと思います……いつも「アッアッあざますがんばります……あわわ」みたいな感じですけど、もうちょっと日本語喋れた(と思う)。
普段はほとんど誰とも喋らない(いや宇宙語は喋ってますけども)ので、すごく刺激になります。戦利品のお写真を拝見して、あっあの方だったのか!とツイッターアイコンとなかのひとが結びつくのは楽しいものです。(それがいやな方もおられるのはわかるので、気づいても基本的にはお声がけしたりはしませんが)
宣伝ツイートを見て、とか、あまぶんで委託本を見かけて、という方もいらっしゃったので露出だいじ……と思ったのでした。

秋発行の参加アンソロジー「べんぜんかん」「心にいつも竜を」「文芸アンソロジー トリカラ」についてもそこそこプッシュしたつもりなんですけど、こちらも是非ともよろしくお願いしますね!!!
感想を直にお伝えできたのも良かったです……。一部お手紙のような一言メッセージのようなものをお渡ししましたが、これは春のイベントでお手紙をいただいて、これマックス嬉しいな!?て思ったからなんですよね……。大したことは書いていませんが、ファンです…… (〃ノωノ)


そしてここで苦言。
島中って、サークル参加者が移動するための通路だと思ってるのですけど、荷物で塞ぐのはどうなんでしょう。
設営時間中にお店開きして床が散らかってしまうのはまだわかるにしても(けど褒められたことではないと思う)、椅子二脚+でかいスーツケースで通路塞いでるサークルさんに対して、通るたびにこちらが「すいません」て声をかけなきゃならないのおかしくないですか。段ボール積んでたサークルさんもいらっしゃったし。
荷物は机の下に入れようよ……机の下に置ききれないほど持ち込みが必要なの?旅行の荷物ならコインロッカー使えばいいことじゃない?
些細なことかもしれないけど、なんだかなあって思います。真後ろなら声かけますけど、微妙にずれてたんですよ。うーん。スタッフさんに注意してくれって訴えてもいいものなんかな?


戦利品はこちら。積み本が大変なことになってるので控えめです……控えめとは……?
文フリ大阪戦利品

他に、たくさんおやつも頂きました。会場で買ったドーナツ、帰りに高島屋で買った高級サンドイッチともども、お留守番勢も含めて公 平 に分配していただきます。
いつもありがとうございます……!
今回「歯にくっつきます」ってお菓子を下さった方がたくさんいてちょっと笑いました(笑)



さて、次のイベント参加は10/8開催の名古屋コミティア51です。
【D53 灰青】におります。初の名ティアですのでどうぞよろしくお願いします。
文庫本を中心に、長編も少しだけ持ち込み予定です。
当日、晴れたら売り子氏と交互でお店番になると思います。(雨だったら私一人です)
pixivに先行でお品書きを公開しました。詳細はまたブログ記事にしますね。

秋の新刊を含めた自家通販も開始しております。チャレマさんよりお申し込み下さい。
10/28開催のテキレボ6、11/3~5開催のzine展in Beppu4ではイベント通販が予定されています。他サークルさんとまとめての通販でしたらイベント通販が便利ですので(手数料、送料がかかりますので必ず要項をご確認ください)、あわせてご検討くださいね。

第五回文学フリマ大阪 参加情報 #bunfree

9月18日開催の第五回文学フリマ大阪に参加します。
スペースはD10、ファンタジー・幻想文学ジャンルです。
webカタログはこちら、お品書きはこちらです。
9/18お品書き

【新刊】
「ホクスポクス」 文庫判114P/500円
親友、戦友、恋人、共犯者。繋がるふたりを描いた9作を収録。再録含むSF・ファンタジー短編集。
フリーペーパーの再録や公募アンソロ参加作の再録7本と、書き下ろし2本を一冊にまとめました。これまでの本より、やや甘め、かつライトです。既存作や執筆予定作の番外編的位置づけの作品もありますが、基本的に単独で読んでいただいて大丈夫。作品についてはこちら(ツイッターモーメント)にまとめました。
表紙イラストは育美はにさんにお願いしました。
新刊表紙

「インフィニティ第二章 工業都市の紅蓮」 A5判132P/500円
男装女子と不憫男子の糖度低め冒険譚、本編第二章。
大陸東岸の工業都市マジェスタットへ向かうシャイネとゼロ。新たな半精霊との出会い、そして謎の黒い女との出会い。伏せられた過去のひとつが明らかになり、シャイネの覚悟が問いただされる。復讐か、それとも赦しか。
シリーズ長編の続編です。初めての方はまず「序章」をお試しください。続き物ということでハードルは高いですが、完結済みの作品のリライトですからちゃんと終わりますし、ノリはかなり軽いです。


【フライヤー配布】
10月28日、浅草で開催されるテキレボ6にて発行予定のアンソロジー「心にいつも竜を」のフライヤーを配布します。
「竜と人」をテーマにした、5人のモノカキさんと5人の絵師さんのコラボアンソロです。きっとすごくすごい本になるはずですので、どうぞご期待ください!
「世界の半分をお前にやろう」から始まる伝説が息づくスチパン風味の作品「末裔」で参加しています。エンタメ担当です。スッキリ爽やかな読み心地……だと思います……。

【手製本展示】
うさうららさん主催、「六角形」をテーマにした6人の書き手による短編アンソロジー「べんぜんかん」を展示いたします。こちらも発行はテキレボ6合わせです。一足早く完成見本をご覧いただけます。
理系寄りファンタジー「女王陛下の製図室」で参加します。恐れ多くもトップバッターです……!
ゆるSFから幻想譚まで、まったくテイストの異なる作品が集まったのですが、不思議と「大きな一つの物語」に感じられます。イラストと編集の手腕や本そのものの手触りや開きやすさ、読みやすさなど、手にとってお確かめください。


また、既刊のごんぶと長編「プリズム」が文学フリマガイドブック10号に推薦・掲載頂いています。
ガイド発行後、初めての文フリですのでどうぞよろしくお願いします。残部が少ないので、気になっている方はお早めにどうぞ。

イベント当日は閉会までいる予定です。一人参加ですので買い物などで時々離席するかと思いますが、どうぞお気軽にお越しください。