2015年08月の記事 (1/1)

秋イベントのお知らせ

お久しぶりでございます。
ついったではちょくちょく進捗や近況を呟いていますが、なかなかPCを開いて作業する時間がとれず、悩ましいです。
モノカキ方面については、今さらながらにポメラを導入しまして、隙間時間にぽつぽつと執筆を進めています。
赤子との生活も徐々に行動範囲が広がり、赤子自身もできることが少しずつ増え……といった具合で、復帰に向けてどうにかこうにか地盤が整ってきました。

そんなわけで、ずいぶん遅くなってしまいましたが秋のイベント・企画参加などのお知らせです。


◆「灰青」の本を委託販売していただいています
春イベントから連続してサークル「博物館リュボーフィ」のまるた曜子(@musi_ko)さんに「灰青」発行の同人誌を委託販売していただいています。
次のイベントは8/30開催のコミティア113です。
スペースは東2ホール「そ07a」、イベント内企画の「文芸めぐり」さんにも参加されていますので、まるたさんのご本をお求めになるついでに何卒……(揉み手)

委託をお願いしているのは「Candlize」「魔法使いは飛行機械の夢を見るか?」「凱歌」の3種です。
あらすじなどはチャレマさんのページからどうぞ。
自家通販も受付中ですので、どうぞよろしくお願いいたします。


◆テキレボ2に委託参加します
10月10日開催、「text-revolutions第2回」に委託参加します。委託をお願いするのは新刊含めて3種類を予定しています。
……はい、新刊出します! 現在執筆中ですので、詳細はもう少し作業が進んでからにさせてください。文庫サイズ、手に取りやすいお値段で発行予定です。

また、イベントカタログの代替となる先行販売アンソロジーにも参加します。テーマは「再会」、9月20日の大阪文フリにて発行されるそうです。
こちらは新刊の番外編(前日譚)となる短編「春疾風、南より」を寄稿しました。どうぞよろしくお願いいたします~。


◆俺のグルメフェスさんに300字SSを寄稿しています。
サイトにもすでに2作アップしていますが、「SS企画《俺のグルメFESTIVAL》」さんに参加しています。
webではツイッターでの投稿と交流がメインとなっています。毎週の投稿&感想まとめや投稿お知らせRTなど、主催さまの奮闘ぶりが素晴らしく、毎日のように新規投稿があるなどとても盛況です!
(読むほうが追いついてなくてすいません……)

webでの企画の他、上記テキレボ2合わせで発行のアンソロジーにも寄稿しました。アンソロ掲載作はしばらくはサイトには載せませんので、よろしければお手に取っていただければ幸いです。


◆ポストカードラリーさんに参加します
こちらもテキレボ2内での企画ですが、「300字SSポストカードラリー」さんに参加します。
「本」をテーマにしたポストカードを集めようという企画ですが、集めて綴じれば掌編集のできあがり! というコレクター心をくすぐる仕掛けです。

「灰青」ではカードラリーさん本部への委託参加と、委託本3種にそれぞれ番外編掲載のポスカを封入予定です。
委託本に封入する分はお買い上げいただかないと手に入りませんが、カードラリーさん本部へ配布委託する分は無料配布ですので、どんどんお持ち下さいね!
お菓子つきくじもあるとのこと、たくさん集めて分厚い「本」を作ってください★

こちらもSSは全て書き上がってるので、あとはデザインと印刷のみです。
無配の分は猟師と魔術師がすったもんだするペーパー裏SSシリーズ「空に花、夜の翅の」の作品です。300字と短いですが、やっぱり猟師がうぞうぞしてますので、どうぞお手に取ってみてください。


◆文学フリマガイドブックに推薦作を応募しました
11月23日の第二十一回文学フリマ東京合わせで発行される「文学フリマガイドブック 2015年秋(通算第8号)」に推薦作を2つ応募しました。
現在編集委員さんたちが査読中ですが、特に問題がなければ2つとも推薦OK→推薦文掲載となるはず、です。
東京開催の文フリには1度しか参加経験がなく、文フリガイドも遠い存在でしたが、編集体制の変更などがあった今回、思い切って飛び込んでみました。

私ごときが……という思いもいまだにありますが、お勧めするのも、されるのも好きなのでブルブルしつつ次の連絡を待とうと思います。
なお、ガイドは11月9日に先行販売されるそうです。(これも新しい試み!)
23日の文フリ当日に備えて、ぜひご購入下さい。A5サイズ52P、推薦作が58も(問題がなければ)掲載されるボリューミーな仕様です。
編集作業の進捗や編集委員会からのお知らせは公式ブログ「文フリガイド編集委員会通信」にて!




イベント直接参加は来年春、関西コミティアを予定していますが……新刊予定もあるのですが……状況次第です。
できることからコツコツと、としか言えないのがもどかしいですが、続報をお待ちくださいまし。

スポンサーサイト