2014年10月の記事 (1/1)

ペーパー小説アップしました

関西ティア45で配布したペーパー裏のSS「りゅうとまほうつかい」をアップしました。


「空に花、夜の翅の」の第二話……という扱いですが、目次ページにも書きました通り、順に書いているわけではないので、先月アップした「蝶の魔術師と夜の翅」の続きというわけではありません。
むしろ、時系列としては「りゅうと~」の方が先です。
無配本「猟師と魔術師」→「りゅうと~」→「蝶の魔術師~」という順ですが、これからも適当に(適当言うな)書きたいシーンを書きたい順に書いていくと思いますので、そのあたりはご了承くださいませ。

(なので、「りゅうと~」でチラッと書いたメビウスの因縁的な話はしばらく放置されること請け合いです)
(だって休止まであとイベント2回しか直参しないんだもの)
(休止後は時間と気力体力が許せば、書き上がった分をサイトで公開していきたいと思います)
(鬼が腹抱えて笑ってますよ……)


さてさて、タイトルについて触れておかねばなるまい! と鼻息荒くなる世代ですが。
同じような世代の方にはわかっていただけるかと思いますが、元ネタはもちろん、榎木洋子さんの「龍と魔法使い」です。めっちゃ好きでした。シェイラがね、シェイラがね……!!(どんどんごろごろ)
リダーロイスも読んでましたが、龍魔シリーズの方が断然好きでしたね~。そして長じてこうなった。
もうまさに、「たべたものでできている」いい例だと思います(笑)

とはいえ、ストーリーを詳しく覚えているかというとそうでもなくて、ただひたすら「タギのことをラブすぎるシェイラが愛おしい」の一言に尽きます。成長操作とかまでしちゃってああ! っていう。
歳の差スキー、異種族間恋愛スキーにはたまらんものがありましたね。
あと、「レン」という人名が好きなのも龍魔由来かもしれません(笑)

今回、このシリーズを書き始めたのも、私、異世界FT書きでありながら、これまで竜が登場する話って書いたことがない気がしたからなんですね。
で、ここらで一度書いておくべかー、と安易に飛竜騎という設定を持ち出してしまった、という裏話があります。
竜というと、私の中でブレスオブファイア4が神ゲーすぎて、下手に手を出してはいけないジャンルだったんです。
何で手を出しちゃいけないかというと、竜が神だとか多種族世界だとか呪いだとか、列挙してるだけでギャフンとなるからですね~。あははー(乾笑)

しかしまあ、書き始めてしまったものは最後まで書きたいですから、あちこち脱線もしつつ、のんびり本筋を追って行こうと思います。
(本筋のプロットはもう少し書き進めてから考えよう、ということで未来の自分にプレゼント)
11月文フリのペーパーにもまた違う話を書く予定ですので、よろしければどうぞ。
文フリが終われば、「猟師と魔術師」もサイトに公開しようと思います。


そんなわけで、次のペーパー小説のことも考えつつ、「凱歌」の執筆に戻ります~。
もっと暗黒を!!
(↑目下の課題)

スポンサーサイト



関西ティア45 有難うございました!

関西ティア45、無事に終了いたしました。有難うございました!
台風が心配されていましたが、風こそ少し強めでしたが天気はよく、スタッフの方はじめ、参加者さんの祈りが通じたかな……という感じでした。

1013001.jpg

↑当日のスペースはこんな感じでした。
先月の大阪文フリでいろいろ「あれもしよう」「これもしなきゃ」と考えていたものの、イベント前の一週間がほぼ全日体調不良で使い物にならないという事態に陥り、結局やり残したことも多いまま当日を迎えることになってしまいました。
来月の文フリまでには必ず!


今回も1000サークル近い規模で一般参加の方も多く、会場は終日賑わっていました。
前回からだったか、入口・出口を別にしたことで会場内外の移動がとてもスムーズでした。ですが、やはり会場入口すぐで立ち止まる方と入り口前に配置されたサークルさんとで混雑していることも多かったです。
また、会場内にある柱近辺はただでさえ狭いのに、立ち止まって話し込まれてる方もいらっしゃって、付近に配置されたサークルさんにはその辺の配慮もお願いしたいな……と思ってしまいました。
(一般入場前でしたが、けっこう体格のいい男性3人がサークルスペースの外、柱にもたれる形で飲食していたのにはちょっとひいた……)

今回は小説島への配置だったのですが、開始早々から足を止めて本を手に取ってくださる方がおられたり、以前ティアマガに「魔法使いは飛行機械の夢を見るか?」のレビューを書いて下さった方がその他の本をゴッソリ大人買いしてくださったり、メッセージを下さった方がわざわざスペースまで来てくださった上に差し入れまでいただいてなおかつ大人買い、とかみんなどれだけ神なの!! という一日でした。(おおおありがとうございます……!)

見本誌スペースを見て戻ってこられた方、事前に宣伝をご覧になってたのか、立ち読みなしでの指名買いされる方もおられ、新刊既刊問わずまんべんなく手に取っていただくことができました。
今年の運をすべて使いきった気がするよママン……。
ほんま有難いことです。無配本も含めて、楽しんでいただけますように!



お買い上げくださったかた全員とお話したわけではないので詳細は不明ですが、今回はリピーターの方が多かったのかな、という印象でした。
無配本やペーパーをお渡ししたのか、それとも見本誌読書会で読んでいただけたのか、それともネット(サイト、宣伝、試し読み)を見てくださったのか。
一見して中身のわからない小説本、しかも取扱いジャンルもけっこうバラバラ……という私の本を手に取っていただくためには、まず見てもらう機会を増やすことが大事なんだなと痛感しました。

コミティアでは毎回、任意で見本誌を提出します。
私はまる赤字かつ分厚くてかさばる「プリズム」以外、すべての本を毎回見本誌として提出しているのですが、この提出分は言うなれば持ち出しです。
なので、提出をやめようか(撤収前に持ち帰ろうか)とも考えたことがあるのですが、前回、「見本誌読書会で読んだので」と既刊「Candlize」を買ってくださったかたがいらっしゃったので、毎回見本誌を提出することにしました。
読書会という機会がある以上、イベント以外でも読んでいただける、気に留めていただける機会があるならそれを逃すのは(うちのような弱小サークルにとっては)あまりにも勿体ないことのように思えたからです。


そして、「この本が面白かったから他のも」と別の本にも手を伸ばしてくださることもとてもとても有難いですし(商業作家さんでさえ、作品によって好き嫌いが分かれたりするものなのに)、「これ良かったです」「面白かったです」と言っていただけたときのテンションの上がり方!
まさに、天にも昇るというやつです。
執筆中は「これって本当に面白いんやろうか」という疑問がつきまといますし、本ができあがってからも「これは自信作です!」と自作を推すことは私にはできません。
(自分の作品は好きだし、愛着もありますが、それとはまた少し違った意味です)
そんなへなちょこハートを救ってくれるのが、読み手さんの一言。本当に嬉しいです。
テンション上がりすぎてプルプル震えながら「まじですか嬉しいです」しか言えてない自分が哀れですが、それくらい嬉しいことなんです。

感謝の気持ちを「次の本」という形でしかお返しできないのが心苦しいですが、読み手さんの一言で頑張れることはたくさんあります。
その気持ちがわかるからこそ、自分が読んだ本の感想は作者さんにお伝えしたいし、それが作者さんのやる気につながって本が出ればラッキー! ですよね(笑)
戦利品、また少しずつ読もうと思います。大阪文フリで買った本も大量に積んでるけど!


そんなこんなで、昨日は嬉しいことがたくさんあったイベントでした。
来年度は活動をお休みしますが、休止前の最後の本を今執筆中です。
薄暗くて血腥い話になりそうな予感(雰囲気的には、「プリズム」の第二部が一番近いかな……)ですが、年明けのイベントでお手に取っていただければ幸いです。


がんばる……!
がんばれるよパトラッシュ……!!
(燃える小宇宙!)

10/12 関西コミティア45 参加情報

10/12、関西コミティア45にI-19「灰青」にて参加します。

おしながき

↑こちらがお品書き。B4サイズで印刷して、スペースに飾ってますので目印にしてください♪

秋の新刊「トリニティ」はじめ、既刊「プリズム」「悠」「Candlize」「魔法使いは飛行機械の夢を見るか?」「リドゥリー・シュライアの不幸と幸運」をすべて頒布します。
スペースでも立ち読みOKですので、お気軽にどうぞ。

無料配布は、SS「りゅうとまほうつかい」掲載の情報ペーパー、「プリズム お試し版」、そして関西ティアで初配布となる無配本「猟師と魔術師」です。

1010001.jpg

こちらはペーパー裏のSSと世界観が同じ作品、しかも連作としてペーパーに掲載しているものの第一話(キャラクターの出会い編)となりますので、ぜひペーパーと一緒にお楽しみください。
表紙込み20Pとなりました。
(前回、16Pとお伝えしていましたが、ちょっと九九のできない子がブログを書いたようです……恥)
見本誌スペース、自スペースにてお配りしています。遠慮なくお声がけください!
なお、この「猟師と魔術師」は次回のイベント、第19回文学フリマでも配布予定ですが、無配本のみの通販は行っておりませんので(同梱はしますが)ご了承くださいませ。


当日・翌日は台風が心配ですが、皆さまどうぞお気をつけて。
無事に会場でお会いできるのを楽しみにしております!





ちなみに余談としては、当日の宿をお願いすべく実家に電話したところ「台風来るし、アンタも来ると思ってたわ~」(by母)とのこと。
……は、反論でき……ぬ……。
ワタクシのあめふらし的神通力は今年もばりばり絶好調です★



先週のナギノさんは……

先週の執筆:31枚


無配本の初稿がようやく上がりまして(遅)、「凱歌」もあわせて書いていました。
(もとは「凱歌」の進捗だったはずではというツッコミは華麗に一回転スルーです)
ひとまず、関西ティア直前ということで準備に専念しますが、無配本は表紙込み16Pになりそうです。
この「表紙込み」というのがミソで……表3にまで……文字が……ッ!

ゴホン。

という、いつものギリギリみしみしな感じでお届けしまっす!
そういやタイトルまだ決めてないな……と気づいたんですが、まあ印刷するまでに決まればいいかーと楽天的に構えております。(大丈夫か?)
先月、大阪文フリの片づけをしたついでに、ティアの準備もあらかた終えているので、準備らしい準備といえば、印刷物(無配本、ペーパー、ポスター)だけ。
気持ち的にはすごく楽ですが、結局ぎりぎりまで無配本の原稿が上がらなかったので今週はどたばた過ごすことになりそうです。
今日中に原稿を準備しておいて、次のお休みに一気に印刷、製本して仕上げますぞよー。

イベントの詳細はまた後日、金曜日にブログ更新しますのでその時に!
無配本の書影もアップできると思います~。