2013年07月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朦朧

暑いですね!
(何回でも言う!)

日当たりが良いのは結構なことですが(実家が日当たり最悪だったので)、朝7時過ぎに室温30度というのはどうにかなりますまいか。
もうホント……勘弁していただきたいです……。
まだ7月ですよ。
これから8月と残暑があるんですよ。
ひたすら忍耐の日々です。

……とか耐えているばかりではならぬ、時には攻めよ! というお告げに従って、買い出しのついでに図書館行ったら乾いてへたばりました。よく帰って来れたと思います……(遠い目)
夏の間、図書館利用を自粛しようかとさえ思うんですが、予約本が次々に届くのですよ。届いたら次の予約入れるじゃないですか。そうしたらまた予約本が届くのですよ。当たり前ですが。

なんという あくまてきな しょぎょう!

(自分のせいでない要素は皆無)



ちょっと都会に出た日には、調子に乗ってコピックを買い足し(あわれ……)、次は茶系統を充実させたいなーなどと目論みつつ、ほちほちと書いたり描いたりしています。
「風立ちぬ」も見に行って、零戦プロジェクトX部分に燃え燃えしつつ、「アイデアマンとして活躍できるのは10年が限度だ」(偏見入りまくりの超訳)という台詞にザックリばっさり斬られつつ、神ヴェイパーにムフムフしつつ、思ってたほどの鬱展開・露骨な展開でなかったことに驚きました。
ついったにも少し書きましたけど「空と風と飛行シーン、はためく布地と髪、空飛ぶものへの憧れ、そんな宮崎作品の魅力はちゃんとあります」。
「風立ちぬ」はちゃんと読んでいませんが、女子が労咳で亡くなることは知っていたので、もしかすると、幼少期のトラウマ「火垂るの墓」に通じる暗さ、死別、そんなふうなイメージを持っていたのかもしれません。

「火垂る~」に比べると、人の死がひどく抽象的に描かれていて、一瞬「こんなにぼかしていいの?」と思ったくらいです。唐突な場転や時間の流れ、夢とうつつの境界が曖昧な表現もあって、正直「誰向け?」というのはありました。
映画館は満員で、年齢層もさまざまでしたが、「風立ちぬ」の単純なアニメ化や、単なる零戦開発物語というのではありませんし、事前情報を入れてから行くとかえって混乱するかなあとか、このおばあちゃんはあのシーンをどう解釈したんだろうとか、余計なお世話なことばかり思っていました。

ジロさんについても「風立ちぬ」同様に詳しく知らないので、こんなふうに思うのかもしれませんが……。
いや、ジロさんについて熟知してて「風立ちぬ」を愛読しているという方のが少ないですよねきっと。
ううん、やっぱり「誰向け」……。
レビューサイトが見たいけど、恐ろしくて見に行けない私がいます(笑)


東に向けて私信。
あー、先生はちょっと違うかな、って感じでした。
いえのひとに展開を解説するために、セクター先生を「パンプキンシザーズ」の伍長に喩えたら絵面がめっちゃ面白いことになってしまい、以降先生は「先生(笑)」です。←ひどい
そしてガーデンパズル25が解けない……うおおおおっ!(アクセス!)


スポンサーサイト

おとなだもの

暑いですね!

先日、思うところありまして、クロッキー帳を買いました。
小説の舞台や、登場人物の外見を決めるときには「こんな感じ」と描いてみるのがいちばんなのですが、ちょうど使い切ったところだったので、引っ越しのときに処分してしまったのです。

その後しばらく、絵を描く余裕も持てないでいましたが、執筆中の長編のアイデア出しのために、久しぶりに買ってきました。
ついでに、コピックも。
コピックも、以前かなり大量に持っていたのに、アナログ絵はもう描かないだろう……ということで処分していたので(捨てたのか誰かに譲ったのかすら記憶にありません/汗)、こちらも買い直しです。

クロッキー帳に描いた絵にさっと色をつけるには、色鉛筆よりコピックの方が使いやすいんですよね。
本格的にコピックで色を塗る! ということはほぼないので、「このキャラを塗るにはコレとコレとコレが必要だ!」というのではなく、好きな色だけ買い足せばいいわけで。

確か、一本400円ほど。


昔は予算が限られていたのですが、今は10本とかほいほい買えてしまうわけで。
おとなになったものです……。(遠い目)



東の国の友だちからお借りしたサモンナイト4がどえらい面白くて困ります。何という生活時間イーター。肩首腰が巌のようです。でも面白いんですやめられない止まらない。
話には聞いていましたが、可愛い絵なのになんという重い展開……! だが それが いい。
ラスボスはお父さんですか? 妹ですか?(東に向けて)

一歩ずつ

例年通り、「……梅雨?」という感じですが、気温と湿度はガンガン上がってますね。
こちらも例年通り、オールウェイズ水浴び、という勢いで大汗をかいています。夏つらいよ……!(切実に)


新生活の方もようやっと落ち着いてきました。転居にともなう諸々の手続きやイベントごとも一段落し、生活のペースが掴めてきた感じがします。
今までは、買い物ひとつにしても、安売り時には買わなきゃ損、という具合に全力投球で、もりもりとごはんを作っては体重計と睨み合っていたりしましたが、冷蔵庫にあるものでどうにでもなる、と気持ちを切り替えると、楽になりました。

家事にかかる時間もある程度把握できてきましたし、力抜いたら、本を読んだりゲームしたり、小説を書いたり、趣味にあてられる時間もできました。
どれだけ昼間ダラダラと引きこもっていても、夕飯の時間はそうズレないので、片付けてお風呂入ったあと、寝るまでの時間を執筆にあてることにしました。
実家にいた頃と変わらない時間だし、寝る時間も同じなので、やっと執筆エンジンが通常運転に戻ったかな、と感じています。
朝の執筆ができなくなってしまったので、その分をどこかで取り戻さないと。

少しずつですが、家出の男装少女とうさんくさい赤毛の男のすったもんだ長編も続きを書き進めていますので、公開までいましばらくお待ちいただけると嬉しいです。

長編の公開までに夢の話の短編ひとつ、突発の中編をひとつくらい……と、書きたいものは漠然と頭の中にあるのですが、ガッチリ形になるまで今はひとまず、長編に集中しようと思います。

そうだった

サガ3SOLがサガであることを失念していました。

風呂敷を畳むどころか、いつの間にか座布団やストールに変化していてこそサガ。
ラスボスの鬼っぷりに目から汗が出てこそサガ。
一周目で真エンドを見てしまったのはソールさまのお導きであると信じておりますぞッ!


それはともかく。
サガ3SOL、面白かったです。細かいことをツッコんではいけない仕様なのですが、ホーリーの存在が消滅してしまったため、ボラージュがいったい何をすればいいのかわからないキャラになっていました……。
いやいや、ラグナがGB版に比べて可愛らしい仕様(黄泉の波動発動までに手ぶらのチャージ時間が!)だったせいか、真ラスボス戦はかなり涙目でしたけど。

2の親子が登場したのも嬉しかったです。GB版にはいなかった……ですよね?(うろ覚え)
正宗のポンポンが可愛かったり、エクスカリバーの「聖剣(笑)」デザイン、草薙の剣の緑かかった刀身などなど、武器のグラフィックも楽しめました。
(ソロモンソードは使ってないので……モニョモニョ)
個人的には、ガラスの剣が普通武器で、使うたびガッシャンガッシャン砕けるのが好きです。もっと強い剣はいくらでもあるのに、どうしても使っちゃう(笑)

クリア後に攻略サイトを見ましたが、GB版からサイボーグが不遇って、ほんとですか……!?
GB版はサイボーグの「こむそう」が強くて、それでラグナ戦に挑んだ気がします。こむそうだと、よみのはどうに耐えられるのですよ……というのはもしや、ステ上げが足らなかったのかしら。

今回は、ゲーム序盤からデューンがサイボーグ・人間、シリューが獣人、エスパーふたりは変化させず、という方向で育てましたが、未来に行く前からシリューが抜きん出てTUEEEEEE! という状態だったため、素早さ重視ゲーであることを実感しました。
サイボーグは一発が大きいんですが、当たらないわ遅いわで、連携はおろか攻撃にも参加できず、つまりはちっとも成長しない罠……!! あまりに使えないので人間に戻しました。
どの攻略サイトでも、サイボーグの使えなさについて嘆いて(?)いるのが驚きでしたが、何の情報もなく遊んでいるだけで体感できるダメさ!(○○すれば使える、という解法を考えつきませんでした。そしてシステム的にも存在しないという……うおお)

まあ、サガ世界にサイボーグが存在するのはたぶんこのゲームだけなので(メカはいますが)バランス的に難しかったのかな、と。と……(涙)


ひとまず引き継ぎありのHARDで二周目はじめました。
強すぎてまだ何の面白味もないのですが、一周目に探しきれなかったフリーシナリオを中心に探していくつもりです~。


(そしてミンストレル遊びたい病)

(ミンストレルだけ触ったこともない)

(ロマサガ3とドSは投げました)

(機会があればじっくり遊びたいな……)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。