7/16みちのくコミティア 参加情報

7月16日開催のみちのくコミティア3に委託参加します。
お品書きはこちら。
みちティアお品書き
画像通り、短編集3種と長編1種を頒布します。
みちティアは初参加です。これまで東北地方では頒布の機会がなかったのですよね……。お近くの方はご覧いただければ幸いです。

「ヴェイパートレイル」は空と宇宙をテーマにした短編集。4作入りで、「灰青」でいちばん売れてる本ですので、初めての方や、どれ読もうかなって迷ってる方はまずこちらをどうぞ。
珍しく現代ファンタジーが入ってるのも見所です。

「エフェメラのさかな」は海と人魚をテーマにした短編集。6作入り、こちらもご好評いただいております。好みの問題もありますが、こちらの方が若干有機度が高いです。えろすと噂ですが、実用的ではありませんのでお含み置きください。

「ポッケ」はついのべ(140字小説)や300字小説など、一息で読める超短編の再録と、スチパン風味の短編(約3000字)をおさめた名刺代わりの小さな本。文体の参考にはなりませんが、作風の参考にはなります。お気に入りを集めたのでぜひどうぞ。

「凱歌」は斜陽の国に生きる騎士を描いた長編ファンタジー小説です。暗くて重くてしんどいどシリアスですが、最後はちゃんとすっきりしてますのでご安心ください(石が飛んできそうだ)。少部数の委託ですが、よろしければ。カクヨムで全文読めます。


作品サンプルはPixivでどうぞ。
ご縁がありましたら嬉しいです。なにとぞなにとぞー!
スポンサーサイト

#カクヨム で小説公開中です

サイト掲載作、同人誌掲載作、完売作のweb再録として、小説をぼちぼちカクヨムに転載しています。
プロフページはこちら

自分のサイトをスマホブラウザ対応にできるほど技術と余力がないので、web派の方はカクヨムが読みやすいのではと思います。(特に長編)
代表URLがあるとわかりやすいと思うので、サイトはこのままゆったり継続していきます。閉鎖するとかではないので、そこはご安心ください。
まず一度サイトに来てもらって、そこからチャレマ(オフ活動&自家通販)、カクヨム(小説置き場)、ブログ、ついったなどに飛んでいただく感じです。クリック回数は増えますけど、これが一番わかりやすいし、手入れしやすいかなあ、なんて。

ただ、同人誌原稿をそのまま(あるいは適当な長さに分割して)コピペしているだけなので、web小説の慣習(?)である一行空けなどは一切していません。
カクヨムはかなり行間広め表示だと思うし、「みんながそうしているから」という理由で空行をぶっこんでもテンポ損ねるだけだとか、うだうだ考えている時間が勿体ないので、潔くコピペです!はいドーン!

完結・完売したものはサイトとカクヨムでも公開するので、同人誌でもwebでもお好きな入口からどうぞ、という目論見です。
注力しているのがオフ活動なので、今後もオフ先行という方針には変わりありませんが、カクヨムでは自主企画さんに参加したり、のんびりまったりやっていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。
カクヨムも書く側の人が圧倒的に多い場なんだなーと薄々わかってきました。あんまり躍起になってPVがー、★がーレビューがーって意識するとしんどくなると思うので、まったりです。
もちろん、読んで欲しい気持ちはあります。どうでもよければ転載の手間なんてかけません。
言い訳がましいけど、カクヨムでランキング上位の小説とは方向性が違うし、アクセスをもらうための努力はできない(おげんこうに注力したい)ので、最低限のメンテのみで維持します。
自分が積極的に読めないプラットフォームなので(液晶はもう目がついていかない)ガツガツしても効果薄いかなって。その分、ご縁を大切にしていく方向でやっていきたいところです。

とか言いながら、現在開催中のノベルゼロさんのコンテストに「凱歌」で参加しております。
ノベルゼロさんの本は過去に一冊読んだだけなのですが、その本を基準にするなら「凱歌」はびっくりするほどスレチ、カテエラです。「思ってたんとちゃう」です。応募要項満たしてるし賑やかしに~、という程度の不純な動機で応募したし、真面目な人に怒られても文句言えないw
更新のたびに宣伝うるさくてすみません。拡散のご協力、有難うございます。


さて、連載公開してきた「凱歌」は明日の更新で完結、その後17日から「リドゥリー・シュライアの不幸と幸運」の公開が始まります。
1章ずつ全4回の公開で終了となります。更新日は火曜と土曜、10時に予約してあります。一度の更新で約3万字がドカッと投下されるという、まさに物量で押してく感じですが、未読の方はよろしければどうぞ。
同人誌版はあと3冊で完売なのですが、ここにきて動きが停滞しているので、今が狙い目です!よろしくお願いしまーす。

自サイトとカクヨムで小説公開を進める一方で、小説家になろうを退会しました。いくつかブクマつけていただいてたのですが、なろうのカテゴリが自分の作品に合わないので。つまりお呼びでないのだろうという判断です。
これまで感想をくださった方、ブクマつけてくださった方、ありがとうございました。引き続き同人誌・カクヨムでおつきあいいただければ幸いです。


というわけで、取り急ぎの告知でした。
現状、8末〆切のおげんこうとの戦いが続いております。まだ熾烈というほどではないですが。
早いとこ手放して積み上げてる本を読みたいので、コツコツ進めます~。

#関西コミティア50 有難うございました!

5月14日の関西コミティア50、無事に終了しました。
関西ティアとしては初めてのインテックス開催で、1500スペースの応募がほぼ満了したというのはすごいですが、それに見合うだけの人(一般参加者)は来るのか、OMM開催時と同じくらいなら、会場が広くなった分だけ閑散として見えるんじゃないか、と不安は尽きませんでしたが(※恒例のイベント前ブルー)、いざ開場してみるとCC大阪にも引けを取らないくらいの人出で、すごい熱気でした。


有難いことに、うちのスペースにもたくさんの方がおいで下さって、試し読みフリペは14時頃完配、配布お手伝いをしていた300字ポスカラリーさんのチラシも数枚を残すのみとなりました(通販等に同梱します)。
お買い上げいただいただけでなく、「前に読んだ本が面白かった」とご感想を頂いたり、お菓子やお手紙(!!!)を頂いたり、ついったで感想を差し上げた方がご挨拶に来て下さったりと、交流面でも充実した一日でした。

会場は空気の流れが悪く(インテはいつもそう)めちゃめちゃ暑かったです。CCみたいに全館利用じゃないと、扉やシャッターを開けられないという弊害があるんですよねえ。わかるけど暑い。
「会場内が暑い・寒い等あったら本部まで」的なアナウンスがあったので、誰も訴えてないなんてことはないと思うのですが、それにしても暑かった。かばんに扇子突っ込んでてよかった……。
13時をすぎると人の流れも落ち着いて、多少過ごしやすくなりました。
過去の参加経験から「交通の便が最低」「空気が悪い」「夏暑く、冬寒い」のがわかっていたので、水分を筆頭に、のど飴やら塩分タブレットやら汗拭きシートやらを準備して挑みましたが、何とかこなせた……という感じですね。
疲れなのか低血糖なのか、後半はずーっと頭がフワフワしてました。
(↑書いてて気づいたけど、たぶん寝不足)


設営はこんな感じ。


荷物の都合で、ダンダン段ボールを持って行かなかったので新しくレイアウトを考えました。
百均で買った小さいスチールラックに文庫本の在庫を並べていましたが、短編集の背が黒なんで、何が何だかって感じでした。ちょっとまずったな……。
ちなみに、ついったには流してませんが、机前面に掲示したポスカはこんなでした。
関西コミティア50
百均の紐つきクリップ(言い方)にポスカを挟んで、POPはマステでクリップに留めてます。(おじコレ缶バッジはお気になさらず)
1月から導入した「あの布」があまりテープ類を受け付けてくれないので、しばらくして見たら重力に負けてダラーンてなってましたww
数人、足を止めて見て下さったようですが、イベントの規模が大きかったせいか、ポスカについて突っ込んでお話しすることがなかったので残念です……。


私の買い物はほぼ決め打ちのみだったので、ティアマガは買ったけど開いていなかったのですが、売り子ちゃんが「載ってるやん!」というので見てみたら、短編集「エフェメラのさかな」がリーダースチョイスに、長編「凱歌」がクロスピックアップに掲載されていました。


有難うございますー!!
クロスピックアップは以前、「魔法使いは飛行機械の夢を見るか?」を取り上げて頂いた時以来で、リーダースチョイスは初めての掲載(たぶん)なのですごく嬉しかったです。


頒布の方は、いつも通り「ヴェイパートレイル」「エフェメラのさかな」の短編集がよく動きました。初売りの「ポッケ」は個人的にはもう少し動いてほしかったけど、関西ティアでは立ち位置が微妙な本なのかなとも思います。
長編もぽつぽつと、そしてティアマガに載せていただいたからか、「凱歌」がたくさんお嫁にいってすごく嬉しいです。しんどいけどみんな読んで……。
金額的には去年よりもやや少、冊数的にはほぼ同じという結果になりました。
ありがたやありがたや。
お買い物も、あらかじめチェックしていた本はすべて買えました。良かったー!けっこう積んであるのでアレですけど、ゆっくり読んでいきます~。

次のイベント参加は7/16開催のみちのくコミティアに委託、直参は9/18の文学フリマ大阪です。これから秋の新刊の作業を進めていきますので、文フリ大阪でまたお会いしましょう!


イベントの話はこれで終わりで、以下は前日とイベントアフターのお話です。

今回は皆さまお待ちかねのむしこさんが関西遠征される!というので、関西ティアの前日、13日の夕方に合流してお茶しばいて、さらには宇野寧湖さんと三人でごはん行ってきましたー!前夜祭\(^o^)/
普段は、雑談というか友だちと喋るということがないので、日本語で会話できるこのヨロコビよ!と満喫しました~。
TLで噂のウエメセさんとか、イベントのこととか、キャラ造形のこととか。
イベントアフターでごはんや飲みに行くこともほとんどないので、こうして他のモノカキさんとお話しできるの、楽しかったです。
というか、宇野さんがめちゃめちゃ面白い方でしてね?
TLでツイートを拝見してると、すごく「大人!」で真面目なイメージだったのですが、ふつうに面白かったです。「私別に少年好きじゃないんですよ」って言ってはったのが意外でした。えええ~めっちゃ少年の本出してはるやないですかw
飲みの後にお茶でも……てなって、宇野さんが仰る「大阪駅の近くの赤い……ケーキ屋さん」から、歩く歩道前の(HEPの方に抜ける)細い通路にある喫茶店ってわかった私、超ファインプレーやないですか!?(違う店に変わってたけど)
結局HEPのスタバで二回戦ののち、解散しました。めっちゃ喋ったしめっちゃお話聞いたし、充実のひとときでした。


そして翌日、関西ティアの後は売り子ちゃんと難波でお茶してました。


(私、生クリームが苦手で、自分からは滅多にクリームものを食べないんですが、このお店では迷わずフルーツロールを選んでしまいました。見た目すごい可愛かったし、クリームあっさり、果物はどれも甘くてしっかり存在感があって、アーモンドスライスも良いロースト加減で美味しかったです)

売り子ちゃんは私に銀英を教えてくれた人で、フジリュー版のあれこれとか、アニメ化のことで盛り上がりました。
私は原作と、道原版コミックを少々嗜んだくらいで、もうほとんど細部を忘れかけているのですけど、ヤンとフレデリカとユリアンのこととかを聞くともう一回読みたいなあって思います。キンドルデビューした暁にはきっと……!!
一番刺さったのは、アニメ(昔のやつです)版のロイエンタールの声が若本御大で、当時の御大は巻き舌じゃなくて、ちょう美声でラインハルトに「マインカイザー」って言うんやでって教えてもらったことですね!!(鼻息)私は断固ミッタマ派なんですけど、めっちゃ揺れましたからね……。
こちらもすごーく楽しかったです。


やっぱり一泊すると色々お喋りできるなあ……。
今回は初めての、夫に娘選手を一晩託しての参加でしたが、帰宅すると娘選手には熱烈歓迎アタックをかまされ、夫には白旗を上げられたので、まだしばらくは厳しいなーと思った次第です。まあしょうがない。
さておき、たくさんの方とお話しできて嬉しかったです。
また9月、文フリでお会いしましょう~!

#関西コミティア 参加情報

5/14開催の関西コミティア50に参加します。J-36 灰青でお待ちしております~!

お品書きはこちら。
関西ティア50お品書き

・続き物長編「インフィニティ」序章、第一章
・2月発行の掌編集「ポッケ」
の3種が関西ティア初売りとなります。

続き物長編「インフィニティ」はその昔webで連載していたものをひたすらに手直しして製本しておりまして、旧版の本編が1800枚あります。これを(旧版と同じく)4章=4冊構成として順次発行予定です。
完結させてるので途中で消えることはないですが、web連載していたという都合上、表現が縦書きの紙の本に見合わないとか(一文が短いのです)冗長だとか、今読んで我慢ならないところを修正しているので、わりとこう……キツイですね……_(:3 」∠)_
昔の作品と向き合うと、その時の精神状態とか、影響されてるものが透けて見えるので。読者さんからはそうでもないかもですが、自分の作品だから、というのはもちろんあると思います……がんばる……。

初めての方は、世界観や主人公の背景の紹介がメインの「序章」をまずお試しとしてどうぞ。金髪の男装女子とか記憶喪失とか不憫とか出会ったその日に納戸ですったもんだとか、ゆるく性癖詰め合わせです。100円で4万字(原稿用紙100枚)読めるのですごくお得ですよー。
常連さん、勇者さま、石油王などは「一章」も併せてどうぞ。「序章」を読んでイケるイケるおかわりー!な方も引き続きお付き合いください。
「序章」と「一章」は内容の重複はありませんので、それだけお気をつけくださいね。
ちなみに本編第二章は9月の文フリ大阪(受かれば)合わせに発行予定です。


「ポッケ」は過去に書いたついのべと300字SSの再録と、新たに書き下ろした短篇「Linkage」を掲載した小さい本です。一応、「ポケット×魔法」というのがテーマ。
文庫判変形(正方形)+角丸加工ですごく可愛くなりました。一息で読める掌編・短篇ばかりですので、長い小説が苦手な方や「灰青」の本が初めての方にお勧め。
文字数の制限が厳しいので、文体の参考にはならないかもしれませんが作風の参考にはなると思います。お気軽にどうぞ。


というわけでイベント合わせの新刊がないので、記念回の参加としては少々寂しい感じなのですが、新しくフリーペーパーを作ります。
冬をもたらす氷の魔女を眠らせるため、魔女にチューするお役目が当選(?)してしまった!というほのぼのファンタジー「おやすみのキスを」。
文体・作風の参考にどうぞお持ちください~。


後はお品書きの通りなんですが、残部の少ない「プリズム」「リドゥリー・シュライア」以外は見本誌コーナーに置きますので、ゆっくりご覧になってください。もちろんスペースで立ち読みして下さっても構いません。
初めてさんは短編集から、常連さんは長いものもぜひご覧下さいませ~\(^o^)/
少し前に作った自作語りのモーメントも参考までにどうぞ。A5判長編について色々語ってます。コミティアでは頒布しない二次本も語ってますが細かいことは気にせずに。

まだ考え中なのですが、別イベント(テキレボ)の企画に合わせて作った「300字SSポストカード」を掲示するかもしれません。どれも自分の分しか手元にないので、配布することはできませんが、こんなのも作ってます、っていう。集める・作るが気軽に楽しめる素敵企画ですので皆様もお気軽に!
・本家企画→「Twitter300字SS
・ポストカードラリー企画サイト→「てきれぼ300字企画


関西ティアの後は、7/16みちのくコミティアに委託参加予定、9/18文フリ大阪、10/8名古屋コミティアに直参予定です。
あまぶんは考え中です。遠征控えて印刷代に回したいのと、夏場はパフォーマンスが落ちるので。どうしようかな……。
新刊(インフィニティ第二章)も進めたいですし、しばらくは書く・読むに専念するつもりです。
用事で大阪にはちょくちょく帰っているのですけど、イベントは久しぶり。特にインテックスって何年ぶりだ……っていうレベルです。
記念回、たくさんサークルさんが集まったようですし、盛り上がりますように。
当日は恐らく売り子ちゃんがいると思います(売り子ちゃんの原稿進度次第では一人参加かも)ので、いつでもお越し下さいませ~!

5月のイベント参加情報

5/6開催のコミティア120、5/7開催の第24回文学フリマ東京にて、毎度お世話になっております「博物館リュボーフィ」まるた曜子さんに「エフェメラのさかな」を委託頒布して頂きます。
スペースは、コミティアが「あ60b」文フリが「C24」です。

海と人魚をテーマにした、SF・ファンタジー短編集です。初めての方でも読みやすいボリュームだと思いますので、よろしければお手にとってみてください。
エフェメラ表紙

当初は2月新刊の「ポッケ」をお願いする予定でしたが、増刷が前倒しになって在庫に余裕があることと、内容の説明がしやすいのではないか……ということから「エフェメラ」に変更しました。
・鬼の一族の青年と人魚の姫
・人魚の姫とヒトの若武者
・船乗りと管制官
・天才少女と教育AI
・喪服の画家と町娘
・たましいのふたご
……の6つの「ふたりの隔たり」を描いています。和風奇譚からSFまで幅広い感じでお送りします。現代物がないのはいつものことなので気にしないでください。

頂いた感想、コメントなどはツイッターのモーメントにまとめてあります。それぞれ「好き」が違って面白いです(ウフフ)。重大なネタバレはありませんので、ちらっと覗いてみてください。

本には栞代わりの名刺と、4月に発行したペーパー春号を封入しております。
このペーパー春号、試し読みとして「花盗人」という300字SSを掲載しているのですが、対となる作品「花守人」を掲載したポストカードを含む「300字SSポストカードセット」が会場で無料配布されます。ぜひとも併せてご覧下さい。企画サイトはこちらから。
(※追記:コミティア配布分には「花守人」は含まれていないようです。すでにweb公開されていますのでそちらからどうぞ)


そして、文学フリマ合わせに発行される「文学フリマガイドブック10号」にて拙作「プリズム」を推薦して頂いております。
こちらもまるたさんが推薦してくださって、私は東に足向けて寝れないわけですが、ありがたいお言葉を頂戴しています。
この「プリズム」、自立余裕の背幅16ミリ、330gというごんぶとどすこい本ですので、委託には出しておりません。今回も編集部さんのブースでの委託取り扱いはお願いしていませんので、直参イベント、もしくは自家通販にてお求め下さい。
地味に在庫少ないです。再版はありませんので、紙で読みたいという方はお早めにどうぞ。(言っても1000円の本なので、イベント持ち込みも少数ですし動きも緩やかですが)

文フリガイド、私は「はだしの竜騎士」「人形小説アンソロジー ヒトガタリ」の二作を推薦しました。とてもとても作品の魅力を紹介しきれず、未熟さばかりが目立つのですが、何もかも取っ払って言うなら「買って読んで」ということなのでよろしくお願いします。身も蓋もない。


東京でのイベントで委託をお願いした翌週、5/14は関西コミティア50です。こちらは直参します。「J36 灰青」でお待ちしております!
創作の既刊全種持ち込みますので、お手に取って見ていただけます。在庫僅少の緑の本「プリズム」「リドゥリー・シュライアの不幸と幸運」は持ち込みも少なめです。見本誌スペースにも置きませんが、スペースに掲示している見本誌につきましてはどうぞご自由にご覧下さい。
これまでに作った300字SSポスカも飾ってみようかと考え中です。(自分の分しか残ってないので配布はできません)
詳細はまた記事にしますのでお待ち下さいませ。


執筆の方は、関西ティア用フリペ、次回テキレボアンソロ「祭」の他、お誘い頂いているものの初稿があらかた上がって逃げ場がなくなったため、「インフィニティ」第二章を少しずつ進めています。逃げ場て。
今年中に本編の初稿をぜんぶ上げられれば今後が楽なのですが……厳しいね\(^o^)/知ってる。
文庫判短編集の再版が重なって、有難いものの同人用口座がカッツカツなので下期の活動は控えめです……たぶん。
9月の文フリ大阪(受かれば)合わせに第二章、年始の文フリ京都(あれば)もしくは静マル合わせに第三章、春のテキレボ合わせに完結編となる第四章の発行&遠征を目論んでいるので……ねっねっ、執筆急げって話ですよ_(:3 」∠)_
今後の凪野せんせいの活躍にご期待ください!未来に丸投げだ!